うちの悟空はポイントガード ~ミニバス奮戦記~
ミニバス少年団に所属する悟空(次男)に起こった出来事を紹介します。試合のこと、練習のこと、日常生活、いろいろ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

感謝の三角関係

 先日の「こちらこそ」のエントリー南美ミニバス日記のコーチTさんからこんなコメントを頂きました。

選手たちは、お父さんお母さん・指導者に感謝。
お父さんお母さんは、選手たちと指導者に感謝。
指導者は、選手たちとお父さんお母さんに感謝。

 おやじはまず、監督とコーチの方々、去年までのコーチで、転勤しても大事な試合には必ず来てくださった元コーチ、指導者の方々には大感謝です。技術面での指導はもちろん、気持ち、考え方の面でもたくさんの事を指導してもらいました。本来どうあるべきなのかを考える事、そのために今、何をしなきゃいけないかを考える事、他にもたくさんの事を教えてもらいました。練習や試合ではかけがえの無い経験もさせてもらい、選手たちも大切な事を実感できたと思います。

 悟空たち選手のみんなにも大感謝です。週末はいつも忙しく過ごさせてもらって、楽しませてもらいました。緊張感、ワクワク感もありました。夢もみさせてもらいました。本当に楽しい1年、ありがとうございました。

 「感謝の三角関係」とっても共感できる事だったのでコメントだけに置いておくのはもったいないと思って本編でも紹介してみました。

  1. 2006/03/01(水) 22:10:41|
  2. ミニバス|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:6

卒団式の招待状

 悟空のところに卒団式の招待状が届きました。悟空チームでは、卒団式は在校生(在団生?)が主催して6年を招待するという形式になっているようです。卒団式は今度の土曜日、3月4日に行われます。招待状には「楽しい卒団式にしますから、必ず来てください。」と書いてありました。

 卒団式ではいろいろなイベントが用意されているみたいです。卒団性と在団生の試合、ママバス・パパバスとの試合、フリースロー大会と盛りだくさんです。ママバス・パパバスには監督、コーチたちも参加してくれるみたいなので、みんなで楽しめそうです。パパバスでは「ダンクを決めてやる!」と豪語するミニバスおやじも居てかなり期待できそうです。おやじもくるま椅子で参加してみましょうか。でもチャージングでもしたら、それはただの交通事故になっちゃいますのでやめときます。

 卒団式の日は体育館での行事が終わっても1日中、イベントは続くみたいです。ボーリング大会とお食事会、その後は大人と子供に別れてお泊り会と飲み会です。おやじは飲み会に参加の予定ですが、お泊り会がおやじの家なので帰ってきても眠れるのか少し心配です。

 心配と言えば卒団式でも心配な事があります。卒団式では選手一人ひとりが挨拶をするみたいなんです。きっと監督、コーチからもお話があると思います。おやじの心配は、それをちゃんと冷静に聞く事ができるか、ということです。

 最近、年のせいかみょうに涙腺の締まりが悪くってダメなんです。ネットでいろいろなチームの最後の試合とか卒団式とかお別れ会とかのお話を見るたびにウルッときてしまいます。卒団式で涙が止まらなくなってみっともない姿を見られちゃったらどうしよう、それが1番の心配の種です。

  1. 2006/02/28(火) 23:06:47|
  2. ミニバス|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:8

悟空チームの女子

 悟空チームの女子も「お別れ大会」に参加しました。悟空チームの女子は6年が3人しかいないので、同じように6年が少ないチームと逆に6年が多すぎて普段試合に出られない6年がいたチームと連合チームを作って「お別れ大会」に参加しました。大会前には何度か合同練習も行っていたみたいです。

 「お別れ大会」に参加した女子チームは8チームと多いので、男子のリーグ戦とは違って、負け負け戦のあるトーナメント方式で行われました。連合チーム初戦は延長戦の末の1点差負けという悔しいスタートでしたが、残りの2戦に見事勝利して、5位という結果で終わる事ができました。しかも最終戦の5位決定戦は延長戦を制しての勝利でした。

 悟空チームの6年女子は普段、悟空たち男子チームに混じって対等に練習をして来ました。だから一人ひとりの能力はおやじが考えるに、どこの女子チームにいっても十分通用する能力を持っていたんだと思います。

 ところが女子チームはメンバー不足が深刻で、さらに5年が1人も居ないということもあり公式戦では3、4年の面倒を見ながらの戦いを強いられ思うような結果を残す事ができませんでした。能力があるだけに、メンバーに恵まれさえすれば、とおやじはいつも口惜しく思っていました。

 それが最後の最後に、自分の力を存分に発揮できるチームメイトを得て、力いっぱいのプレーをし、そして勝利を勝ち取る事ができたんです。おやじは本当によかったと思いました。監督や他のチームの指導者さんの粋な計らいに大感謝です。

  1. 2006/02/27(月) 12:59:01|
  2. ミニバス|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

こちらこそ

 昨日は「お別れ大会」の最終日でした。最終日と言う事で参加した男女の全チームが一堂に会したので会場となった小学校は大賑わいでした。体育館が少し小さめで観覧スペースが少なかったので、よそのチームの試合はあまり観戦できませんでしたが、その分空いた時間はチームメイトのお父さんたちとゆっくりお話ができて、それはそれで楽しかったです。

 悟空チームは昨日の最終戦にも勝利して3連勝で無事優勝する事ができました。最終戦は一緒に全道大会に出場したチームで、選手たちがノビノビとしたナイスプレーの連続だったので前半は接戦にないましたが、後半は悟空チームも実力を発揮して何とか逃げ切る事ができました。この試合で悟空は3ポイントを2本決め、おやじとの約束も果たしてくれました。

 全試合終了後に閉会式が行われました。参加した男子4チーム、女子8チームの全チームにトロフィーが手渡されました。もらったトロフィーを順番に回していくチームもあってみんな満足そうでした。表彰の後に悟空チームの監督が指導者を代表してお話をしてくれました。監督は「同じ目標を持ち、それに向かって一緒に進んでいく仲間の大切さ」という話をしてくれました。そして最後に「ここまでミニバスをやってこられたのはお父さん、お母さんの力があったからです。お礼を言いましょう。」と言って、男女の優勝チームのキャプテンを前に呼びました。2人から一言ずつお礼の言葉があって、次に選手全員が回れ右をして親たちに声をそろえて「ありがとうございました!」と言ってくれました。

 いえいえ、お礼を言いたいのはおやじの方です。おかげさまでワクワク、ドキドキの1年を過ごさせてもらいました。夢も見させてもらいました、感動をたくさん貰いました。悟空チームのみんな、選手のみなさん、監督、指導者のみなさん、こちらこそありがとうございました。

  1. 2006/02/26(日) 16:54:51|
  2. ミニバス|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:8

授業よりミニバスが大事

 おやじが会社から帰ってくると悟空が居間のソファの上で膝をアイシングしていました。どうやら今日の練習で膝をぶつけたらしいのです。

 今日はミニバスの練習日で週末の「お別れ大会」に備えて6年の練習もスケジュールされていて4、5年と一緒に練習をするはずでした。ところが4、5年は監督の怒りに触れて途中で帰されてしまったらしいのです。その時の状況は詳しくは聞きませんでしたが、監督の新チーム作りは確実に始まっているようです。

 4、5年が帰された後は6年だけで5対5を続けたそうですがその時に膝をぶつけたみたいです。

おやじ 「どうしたの?怪我したの?」
ごくう 「靭帯損傷した」
おやじ 「ウソでしょ、またぶつけたの?」
ごくう 「靭帯、もげたんだって」
おやじ 「また~、ぶつけただけでしょ」
ごくう 「おれ明日、大事をとって体育の授業休むから」
おやじ 「そんなに痛いの?」
ごくう 「お別れ大会、出られないと困るでしょ」
おやじ 「・・・・」

 悟空の話によればドライブで突っ込んで行った時に接触したみたいです。伸ばしたり、ひねったりしたわけではないらしいので大丈夫だとは思いますが、明日は本気で体育の授業は休むつもりのようです。

 悟空、授業より「お別れ大会」の方が大切なのかよ。体育の授業は休んでもいいけど、その代わり「お別れ大会」の最終日はちゃんと活躍してね、頼んだよ

  1. 2006/02/22(水) 22:13:11|
  2. ミニバス|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:16
前のページ ∥うちの悟空はポイントガード次のページ

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。