うちの悟空はポイントガード ~ミニバス奮戦記~
ミニバス少年団に所属する悟空(次男)に起こった出来事を紹介します。試合のこと、練習のこと、日常生活、いろいろ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

失敗談 その1

 去年の夏くらいから小猿の試合のビデオを編集してDVDを作り始めました。最近になってやっと、だいたい思った通りのものができる様になったのですが、最初のころはプレステ2では再生できるのに、家庭用のDVD(民生機)では再生できなかったり、音ずれがおこったり、画像が異常にぶれて、とても見られないものができたりと、ずいぶん無駄にDVDを消費していました。

 これから何回かに分けて、私の失敗談を紹介します。今日は「その1」として家庭用DVDでは再生できないDVDの作り方をお教えしましょう。

 最初はどうしてなのかぜんぜん解らなかったのですが、よく調べてみると音声のファイル形式の問題のようでした。まったく再生ができないのなら、私のやり方が悪いのだろうと諦めもつくのですが、プレステ2では再生できるというのが、しゃくに触りました。

 DVDの動画はMPEG-2で決まり(これはこれでナカナカ奥が深いのですが・・・)です。ところが音声のファイル形式はMPEGオーディオ、LPCM、ディジタルオーディオと何種類かあるようです。うちの家庭用のDVDはLPCMとディジタルオーディオのみの対応でMPEGオーディオには対応していないようでした。それで、MPEGオーディオで作成したDVDは再生できなかったという訳です。

 プレステ2はMPEGオーディオにも対応しているのですね。Ulead Video Studio8の設定に「MPEGオーディオを非対応として扱う」というオプションがあったのですが、どういう意味か解りませんでした。やっと解ったのはプレステ2でしか再生できないDVDを何枚もつくった後でした。

 うちの家庭用のDVD(三菱製楽録)がたまたまそうであって、すべての民生機がそうであるとは限りませんので、ご自分のDVDの仕様を確かめる必要はあると思いますが、こんなこともあるということです。

 その後はLPCMで作成していましたが、Ulead Video Studio8のエンコード(レンダリング?)の性能にも不満があったので、昨年の暮れにペガシス社のTMPGEnc 3.0 XPress with AC-3 Packを購入して、現在はディジタルオーディオでDVDを作成しています。画質、音質、共に満足です。
※後でよく調べたら、うちの家庭用のDVD(三菱製楽録)にもMPEGオーディオの設定があるようでした。もう使わないので詳しくは見ていませんが・・・。
スポンサーサイト

  1. 2005/04/15(金) 16:55:32|
  2. ビデオ編集|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

  

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kitmsk.blog7.fc2.com/tb.php/9-77e8aff2
 ∥うちの悟空はポイントガード

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。