うちの悟空はポイントガード ~ミニバス奮戦記~
ミニバス少年団に所属する悟空(次男)に起こった出来事を紹介します。試合のこと、練習のこと、日常生活、いろいろ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

雷落ちて、地固まる

 昨日は試合から祝勝会までずぅ~とハイテンションだったので、疲れてしまいました。今日は試合が無いのでのんびりしてます。昨日、運動会だった小学校があって、大会のスケジュールが一部変更になって、今日行われるはずだった2回戦を昨日やってしまったのです。それで今日は昨日運動会だったチームの1回戦と2回戦が行われています。小猿たちは次の対戦相手を見るためにコーチにつれられて大会会場に出かけて行きましたが、おやじは家でのんびりです。

 勝てたから冷静に話せますが、水曜日の「監督帰っちゃう事件」でその後の小猿の落ち込みようを見た時には本当にどうなることかと思いました。それであんなのを書いちゃったんです。公開してすぐに隠しちゃったのでコメントをいただいた、MR.おりおりさん大好きバスケさんコーチSさん田舎狂師さんには、お返事もお礼もせずに本当に申し訳ありませんでした。ためになるお話をしていただきとても感謝しています。

 みなさんのお話で、小猿が監督に信頼されて2クォーターを任されたことがわかりました。木曜日におやじは小猿の心の重荷を少しでも軽くしてあげようとこんな話をしました。メンバーを決めたのは監督だし、1クォーターとは力の差があるのははっきりしているんだから、1クォーターと同じ働きができなくてもしょうがない。2クォーターのカバーをできずに負けたとしても、それは2クォーターのメンバーのせいではなく、カバーできなかったチーム全体の責任。小猿の役目は4年、5年が楽しくプレーしてめいっぱいの力を発揮させてあげることだ、って。そしておやじは小猿にある作戦を授けました。名づけて「作戦1024:褒め殺し作戦」(なんじゃそれ?)。


おやじ「ねぇ小猿、褒めまくるってのはどお?」
こざる「お母さんたちはもっと怒れって言ってるよ」
おやじ「怒ったってだめだって、よけい緊張してミスするから
     普通のプレイでもナイス!って」
こざる「ナイスプレーのときは?」
おやじ「超~ナイス!!って」
こざる「そっちのほうがいいかもね」
おやじ「怒るのは監督にまかせとけって」


 小猿が少し笑いました。金曜日、試合前最後の練習から帰ってきた小猿は監督から、2クォーターは1クォーターの貯金を使い果たしても、大差をつけられなければOKと言われたそうで、気が楽になったのか、おやじの作戦が効いたのか(それはないって)いつもの小猿に戻っていて少し安心しました。それでも相手が強いことには変わりはなく、ドキドキのまま試合当日を迎えました。

 土曜日の朝、小猿はそれほど緊張した様子も無く、試合前のアップに出かけていきました。試合は9:30からの第1試合だったのですが、大会会場がたまたま小猿の小学校のすぐ近くということで小学校の体育館でアップすることができたのです。あとになって考えてみると、これも勝因のひとつではないかと思います。

 さぁいよいよ試合が始まりました。選手たちより親たちの方が緊張しているかのような固い応援席でした。1クォーター、思ったほど点差をつけられず5点リードで終了。ん~貯金が足りない。小猿の2クォーターが開始。2クォーターには秘策が仕込まれていました。ツーワンツー・ゾーンディフェンスです。これまでうちのチームがゾーンで守ったのは見たことがありません。確か監督はゾーンディフェンスを嫌っていたはず、監督は本気で勝つ気だ、と感じさせてくれました。小猿もよく声が出ています。選手たちのがんばりと、いつにない小猿の外が決まって、3点リードを保って2クォーターを終了しました。

 あとはベストによる真っ向勝負です。ここでやられたら、力が足りなかったと諦めるしかありません。でも、気持ちだけでは負けてほしくないと思っていました。3クォーター、とうとう逆転を許してしまいます。このままズルズルやられちゃうのか?と一瞬思いましたが、小猿の気持ちは切れていませんでした。一進一退を繰り返し、4クォーターに突入しました。残り2分くらいでしょうか、相手の足が止まってきました。ヒッタン、マサミのドライブが減り、外ばっかりになり、またその外が決まりません。アップの影響がでているのでしょうか。それに引き換えうちは地道に得点をかさねて、最後は4ゴール差をつけて勝つことができました。

 勝利が決まった瞬間、選手、ベンチ、応援席がひとつになりガッツポーズをしました。応援席のお母さんたちは涙、涙、涙。おやじもちょっとヤバかったですが、何とか抑えて体育館から出てくる選手たちを出向かいに行きました。拍手と歓声で選手たちを迎え、全員とハイタッチをしました。汗だくで上気した小猿たちの顔は一回りたくましく見えました。

 おやじたちは飲みに行っちゃったけど大会はまだ続くんだから、気を抜かずにガンバレ小猿
スポンサーサイト

  1. 2005/06/19(日) 16:17:10|
  2. ミニバス|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:10

  

コメント

良かった と 残念

試合勝って良かったですね。
おやじさんの作戦もまた見事! 効いていると思いますよ。

それにしても監督さんのプランは完全に読み切ったと思っていたのに・・・
2Qのゾーンディフェンスだけは外してしまいましたから・・・残念!

・・・って考える拙者って、やっぱり変? (笑)

  1. 2005/06/19(日) 21:35:14 |
  2. URL |
  3. 田舎狂師 #-
  4. [ 編集]

2クォーター・・・!

2Qって意外と大事ですよね。ここをどう乗りきるかによってゲームが変わってきますから。
あと選手、ベンチ、応援席がひとつになりガッツポーズなんてうらやましい限りです。いいチームですね。

  1. 2005/06/20(月) 00:08:05 |
  2. URL |
  3. MR.おりおり #-
  4. [ 編集]

おめでとうございます

文面を読んでいて、こちらにも感動が伝わってきました。
でもまだ優勝したわけではないようなので最後まで
気を引き締めて頑張ってください。

  1. 2005/06/20(月) 06:47:32 |
  2. URL |
  3. コーチS #-
  4. [ 編集]

ありがとうございます

本当にうれしかったです。
ここ2、3日のことを思い出しながら書いていたダラダラと長くなっちゃって、おやじのへたな文章を最後まで読んでいただいて、ありがとうございます。

田舎狂師さん
おやじの作戦、よかったですか。褒められちゃった。(^^)v
小猿になんて言ってあげたらいいのか、本当に迷いました。おやじはいつも「強い気持ち」の精神論だけで、ちゃんとしたアドバイスをできる知識も技術も持っていませんから・・・。
2Qのゾーンはおやじもビックリしました。でも、試合の後で監督は仲の良い指導者仲間にあれはやめたほうがいい、と言われたそうです。

MR.おりおりさん
試合後、ずーっと盛り上がっていたのは親たちの方で、選手本人たちの方が全然クールでした。すぐ2回戦もありましたし・・・。
おやじも良いチームだと思いますし、ここに参加できて幸せです。監督、コーチ、スタッフのみなさんに大感謝です。

コーチSさん
そうなんでよ、まだ大会は終わってないのにおやじたちは飲みに行っちゃいました。(^^ゞ
親たちは既に大満足なのですが、監督と小猿たちはまだ勝つ気です。

  1. 2005/06/20(月) 09:56:03 |
  2. URL |
  3. 小猿のおやじ #ZzKLa6D2
  4. [ 編集]

始めまして。okushinと申します。奈良県の生駒クラブというチームの応援ページの管理人をやっております。
そして、なにをかくそう、『うちの小猿もポイントガード』なんです。
ついでに申し上げますと、うちのチームは、1Qはうちの長男(以下小猿Ⅱと書きます)と今年から入部した6年生(初心者)、2Qはベスメンの残り4人、3,4Qはベスメン5人という布陣でやっております。(私が采配しました)
なぜこのようにしたかといいますと、小猿Ⅱはドリブル、ボールキープがいいんで、残り4人が緊張で動けなくても、1人でも点を取れるだろう。
そして少しぐらいリード(6点ぐらい)されても2Qで逆転できると考えたからです。
最初は、小猿Ⅱも少し不安がっておりましたが、全体の作戦を話すことで簡単に納得しました。
特にこの一言が一番効きましたので紹介しときます。
『田臥選手(小猿Ⅱ憧れの)は、中学のとき、県のベスト16ぐらいだったら1対5でも勝てると何かの本に書いてたよ』

  1. 2005/06/24(金) 04:39:01 |
  2. URL |
  3. okushin #-
  4. [ 編集]

okushinさん・・

はじめまして。大好きバスケさんの「あるはる」(勝手に略すな>おやじ)でokushinさんのページを知って、「なぜミニバスをするようになったかというと」、楽しみに読ませていただいていました。

okushinさんのとこにも小猿いますか、しかもPG。うちとおんなじですね。ひとつ違うのはokushinさんが指導者でおやじが素人というところです。
おやじがもう少しバスケを知っていれば、監督の意図を汲んで小猿にもう少しまともなアドバイスができるのですが・・・。

田臥選手の話、うちの小猿にも効きそうです。使わせてもらいます。これからも時々遊びに来てくださいね、おやじは毎日お邪魔します。小猿Ⅱくんにもよろしく・・・

  1. 2005/06/24(金) 09:34:13 |
  2. URL |
  3. 小猿のおやじ #ZzKLa6D2
  4. [ 編集]

これからもよろしくお願いします。

小猿Ⅱ(本人はかなり嫌がってます)にも似た子がいるよといっときます。


  1. 2005/06/24(金) 11:19:25 |
  2. URL |
  3. 小猿Ⅱのおやじもバスケ素人です #-
  4. [ 編集]

うちの小猿も・・

小猿と言われるのが嫌みたいです。小猿は今、高1の兄ちゃんが中学の時に命名したのですが、小猿に言うと「イジメだ!」と言って不機嫌になります。

  1. 2005/06/24(金) 11:59:01 |
  2. URL |
  3. 小猿のおやじ #ZzKLa6D2
  4. [ 編集]

やっぱり愛称は・・・

愛称は本人が嫌がらないものでないと良くないですよ。
うちはメンバーを2文字の愛称で呼びますが、必ず本人の承諾を得てから決定します。

小猿くんの場合、拙者も抵抗があったのですが、小猿のおやじさんが、そう呼んでいるので拙者もそう書いていました。

同時に別の愛称も考えていたのですが、「悟空」くんは如何ですか?
孫悟空の悟空です。コートに出れば、筋斗雲に乗って空を飛ぶが如くコート内を駆けめぐり、分身の術で増やした分身を操るが如く仲間の4人をリードする。ベンチに戻れば、如意棒の先に旗をつけて一生懸命仲間を応援する。
拙者、小猿くんにそんなイメージを抱いています。

小猿くんが気に入ってくれれば、こちらのブログは「うちの悟空はポイントガード」に変更ですね。決まりっ!

  1. 2005/06/24(金) 16:37:04 |
  2. URL |
  3. 田舎狂師 #-
  4. [ 編集]

悟空、いいですね!

実はこのブログ、息子には内緒にして、見せられなかったんです。小猿だと嫌がると思って。おやじと兄ちゃんは敬愛を込めてるつもりですが、本人は嫌みたいで・・・。やっぱ、それってへんですよね。せっかくみなさんに応援してもらったり、教えてもらったりしているのに・・・。

悟空、すごくいいです。帰ったら早速息子に話して、悟空に変えようと思います。田舎狂師(わっ、一発で変換できるようになった)さん、じきじきに愛称をつけて貰えるなんて光栄です。

いたるところに小猿を使ってますので、少し時間はかかりますが、長~い目で見てください。これからもよろしくお願いします。

  1. 2005/06/24(金) 18:32:53 |
  2. URL |
  3. 小猿のおやじ #ZzKLa6D2
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kitmsk.blog7.fc2.com/tb.php/48-418cbfc0
 ∥うちの悟空はポイントガード

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。