うちの悟空はポイントガード ~ミニバス奮戦記~
ミニバス少年団に所属する悟空(次男)に起こった出来事を紹介します。試合のこと、練習のこと、日常生活、いろいろ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

失敗談 その2 音がずれる

 ビデオ編集を始めた頃、どんなファイル形式でキャプチャして、編集して、どんなファイル形式で編集後のファイルを保存すれば、1番きれいにできるか、わからなかったのです。最終的にはDVDに焼くのだたらMPEG-2でキャプチャしたほうが良いのかとも考えました。

 DVカメラを使っているので、DV形式のままキャプチャするのが自然だろうと思って、DV形式でキャプチャしていたのですが、ある時、ハードディスクの容量が気になってMPEG形式でキャプチャしたのです。編集もいつもの通り完了したので、編集後のファイルもMPEG形式で保存しました。

 そしてDVDの容量にちょうど収まるように、それと音声形式をディジタルオーディオに変換するためにTMPGEnc 3.0XPressで再度、エンコードしなおしました。すると、編集結果をDV形式で保存した試合は大丈夫だったのですが、MPEG形式で保存した試合はみごとに音ずれしてしまいました。

 これは解りませんでしたねぇ。編集後、MPEGで保存したファイルをMediaPlayerやWinDVD、UleadのDVD Player、どれで再生してみても音ずれは無く正常に再生されるのです。なぜ、TMPGEnc 3.0XPressの出力ファイルだけが音ずれするのか、全く見当がつきませんでした。

 これまで全幅の信頼を寄せていたTMPGEnc 3.0XPressに原因があるとは夢にも思わず、Video Studioのアウトプットの仕方に問題があるのだろうと、ネット上で同じような現象が報告されていないか必死で調べていました。最後にTMPGEncのFAQでこんなのを見つけました。タイトルは少し違いますが、ここにある対策を試してみたら解決したので、原因はこれだったのでしょう。

 考えてみるとVideo StudioはデフォルトでスマートレンダリングがONになっているので、補正情報で音声を調整していた、というのは大いに考えられます。スマートレンダリングの意味も解らずにスマートなのだから良いだろうと思って使っていましたが、ダメですね、ちゃんと仕組みを理解しないと・・・。

 最近はMPEGはフレーム単位の編集に難があるというのも解りましたので、DV(AVI)のままキャプチャして、編集して、DVDに焼く直前でMPEGに変換することにしています。
スポンサーサイト

  1. 2005/04/19(火) 17:43:46|
  2. ビデオ編集|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

  

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kitmsk.blog7.fc2.com/tb.php/12-69491bad
 ∥うちの悟空はポイントガード

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。