うちの悟空はポイントガード ~ミニバス奮戦記~
ミニバス少年団に所属する悟空(次男)に起こった出来事を紹介します。試合のこと、練習のこと、日常生活、いろいろ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

全道大会要項

 1月に行われる全道大会の大会要項北海道ミニバス連盟のホームページで発表になっていました。おやじ達は全道大会と略していってますが、大会の正式名称は「北海道ミニバスケットボール連盟設立30周年記念 第31回 北海道ミニバスケットボール選手権大会 兼 第37回 全国ミニバスケットボール大会北海道地区予選会」というえらく長ったらしい名前だそうです。

 正式名称が判ってもやっぱり略して言っちゃいますが、全道大会は1月12日~15日の期間で江別市、恵庭市、千歳市の体育館で行われます。全道各地の代表、男子24チーム女子24チーム合計48チームが、女子は2枚の、男子はたった1枚の全国大会へのチケットをかけて熾烈な戦いが繰り広げられることになります。

 試合はまず、3チームづつ8つのブロックに分かれて予選リーグを戦います。そして各ブロックの1位チームだけが決勝トーナメントに進出することが可能です。ですから最悪の場合予選リーグの2試合で悟空のミニバス人生が終わってしまう事も考えられるのです。決勝トーナメントは8チームで戦いますので、ベスト8、ベスト4、決勝戦の3試合ですが、トーナメントですので当然、負けた時点でおしまいです。あと5試合できるのか、2試合しかできないのかは悟空チームの頑張りしだいという事です。

 おやじにとって悩ましいのは、大会期間4日間のうち2日が平日に行われるというところです。悟空たち選手は冬休みなので問題ないのですが、おやじは一応(一応なのかい)会社員ですので、平日は会社に行かなければなりません。12日は開会式とアトラクションだけなので、最大限譲ってビデオで我慢できますが、13日の予選リーグ2試合はどうしても譲れないところです。だって、そこで終わっちゃうかも知れないんですから。有給、とっちゃおうかなぁ~。

 そんなこと考えていたら、もっとすごいお父さんがいました。そのお父さんは、12日は風邪をひいて体調が悪いといって早引きする(14:00からの開会式は無理でもアトラクションは見られる)、そして13日は熱が出たと言って休んじゃう(朝から試合観戦ができる)、12日の早引きが伏線となって13日の熱も怪しまれない、と言うのです。おやじはこの話を聞いたとき、これだ!と思いました。おやじもこの作戦を実行しようと密かにたくらんでいます。水曜日くらいから咳きしておいた方がいいかなぁ。火曜日から咳をはじめて、水曜日はマスクかなぁ・・・。あっ、会社の人には絶対内緒ですよ。
スポンサーサイト

  1. 2005/12/29(木) 22:35:08|
  2. ミニバス|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:8

テレビの取材

 これまた先週末の強化リーグでのお話です。全道大会の決勝をテレビ中継するテレビ局のアナウンサーが取材に来ていました。フジテレビ系列の地方局のアナウンサーで、スポーツ中継やニュースなど北海道ではよく見かける顔です。

 去年の全道大会の決勝戦はテレビ中継がありました。男女の決勝戦2試合で確か30分番組だったと思いますので、すいぶんはしょられていましたが、テレビで放送されるなんていいなぁと思っていました。今年は無いのかなぁと思っていたら、今年もやってくれるみたいです。よっ太っ腹UHB

 テレビの印象より意外と大きくないんだぁ、とおやじは思いながら見ているといろんな人にインタビューしていました。悟空チームにもインタビューに来ていろいろ聞いていったそうです。まずはチーム全体のことでチームの特徴などを聞かれ、そして主力選手には個別にインタビューをして、悟空もいろいろ聞かれたそうです。

おやじ 「何聞かれたの?」
ごくう 「今までバスケを続けられた理由とか・・」
おやじ 「それから?」
ごくう 「流れが悪いときにどんなこと考えているかとか・・」
おやじ 「難しいこと聞くね、でなんて答えたの?」
ごくう 「つらい時もあったけど・・・・ん~忘れた
おやじ 「・・・・」

 少しあとで、おやじが煙草を吸いに喫煙所にいくとアナウンサーの人も一服していました。おやじが行くと「悟空くんのお父さんですか?わたくしこういうものです」と言って名詞を渡されちゃいました。なんと、おやじもインタビューされたのです。試合を見ているときの気持ちとか、子供対するおもいとか、いろいろ聞かれました。くるま椅子のことも聞かれました。なんて答えたかはおやじも忘れてしまいました。

 ミニバスの試合会場に必ず現れる名物おやじがいるって紹介されるのでしょうか。恥ずかしいからおやじのことは触れないでほしいな。って決勝戦に残れたらって話ですけどね。

  1. 2005/12/27(火) 12:57:53|
  2. ミニバス|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:8

スカウティング部隊来襲

 先週末の札幌地区の強化リーグでのお話です。事前にkazさんからの情報でほかの地区からスカウティングにくるらしい、という噂を聞いていたので、悟空の試合の合間に観客席の様子を見ていました。

 いましたよ、それらしい人が。どこかのチームを応援するわけでもなく、淡々とビデオを撮っているのです。なかには熱心にノートに何かをメモしている人の姿もありました。選手の親ならば応援席の真ん中に近いところでビデオを撮る人が多いですし、2階席で撮るとしても真ん中へんで撮るでしょう。それが普通の観客席や、2回のランニングコースの角っこでビデオを撮っているのです。

 いろいろな人の話を聞いて、おやじなりに考えてみるとこんな感じかと思います。札幌地区の強化リーグには全道各地から毎年スカウティング部隊がやってきて、全道大会に備えて情報収集をすることが恒例になっているみたいです。それを見られる側も知っていて、チームによっては手の内を全部見せない対策をとるところもあるらしいのです。

 全国大会に繋がる唯一の大会で、最大で最後の公式戦の頂点を決める大会は、こんなところからその戦いはもう始まっているんだと感じました。そして、そんな大会をワクワクしながら待っていられるなんて、おやじはなんて幸せなんだろうと改めて思いました。

 悟空の試合のときにおやじは、悟空チームも研究されているんだろうか、と思い客席を見回してみました。でもビデオを撮っている人は見当たりませんでした。悟空チームは眼中に無いってことでしょうか。おやじは少し淋しかったです。

  1. 2005/12/26(月) 21:57:24|
  2. ミニバス|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:8

ミニバス3連休 2日目・3日目

 ミニバス3連休の2日目は強化リーグの1日目でした。全市大会の決勝を行った会場で男女あわせて16チームが集まって、1チーム2試合づつ行います。試合数が結構あるので、本大会ではほとんどアップにしか使われなかったCコートまで使って試合が行われました。

 悟空チームは1試合目が第1試合だったので、8時に出発したのですが十分なアップの時間もとれずに試合開始になってしまいました。前の日に鼻グジュで出稽古をお休みした悟空はやっぱり体調が十分ではなかったらしく1Q終了時点で(悟空は今回は1Qに出場しています)涙目になっていました。

 試合は札幌5位チームとの対戦だったのですが、いまいちリズムがつかめず接戦になってしまいました。っていうか、本大会では不運もあったのでしょう、かなり力のあるチームだとおやじは思いました。悟空はなんとか頑張って3、4Qも出場しました。残り1分を切ってユートが強引にバスカンを決めて3点差をつけたのですが、残り数十秒でファールがらみもあり追いつかれて同点で終わってしまいました。(強化リーグは延長はありません)

2試合目は札幌3位チームとの対戦です。この試合はCコートで行われました。Cコートは小学校の体育館くらいの大きさなのですが音が妙に反響するのです。相手チームは選手も応援席もよく声を出すチームなので、その声に圧倒されそうになりましたが、それでも試合の方はなんとか勝つことができました。試合の後、うちのお母さんが相手の主力選手のお母さんに「どうしても勝てないよねぇ」と言われたそうです。強化リーグの1日目は1勝1分という結果でした。

 そして今日、強化リーグの2日目はカズキチームとの対戦が組まれていました。第1試合の札幌6位チームとの試合は結構点差をつけて、控えメンバーも出場する事ができました。これで気分を良くして決戦で勝利したかったのですが、やっぱりカズキチームは強かったです。本大会のゾーンディフェンス対ハーフコートマンツーマンとは違って両チーム、オールコートマンツーマンの対決になりました。両チーム走り合いで、もの凄く展開の速い試合になり一時は15点離されました。それから1桁まで追い上げたのですが結局はまた勝てませんでした。

 試合後、札幌3位チームのお母さんに「やっぱり勝てませんでした」とおやじが言ったらそのお母さんは「うちがおたくに勝てないのとおんなじですね」と言われました。おやじは「次こそは」と思っていたのでそのお母さんもきっと「次こそは!」と思っていたんでしょうね。

 3日間、朝から夕方までミニバス三昧の3連休を過ごす事ができました。明日の仕事を考えるとちょっと気が重いですが、ドキドキワクワクの連休を過ごさせてもらい、悟空感謝です

 

  1. 2005/12/25(日) 21:30:02|
  2. ミニバス|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:6

ミニバス3連休 1日目

 今日は出稽古で8:00に小学校を出発する予定だったのですが、悟空は朝起きると鼻がグジュグジュでのども頭も痛いと言うので、明日の強化リーグに備え、大事をとって出稽古はお休みする事にしました。それでもおやじは選手たちを車に乗せていかなければならなかったので、ひとりで出陣です。みんなと一緒に出稽古に行ってきました。

 出稽古の場所はカズキチームのホーム体育館でした。出稽古はカズキチームの男子チーム、女子チームと先日の選手権の女子優勝チーム、悟空チームの4チームという大人数での合同練習になりました。前半はホストチームであるカズキチームの通常の練習メニューを全チームでいっしょに行いました。ストレッチ、ランニングから始まって、フットワーク、いろいろなパターンでのシューティングで選手たちはたっぷり汗をかいたようです。

 練習が始まる前にカズキチームの監督とご挨拶をしたのですが、「悟空は今日来てないんです。」といったら、「監督にききました。でもちゃんと来てるんですね。」と言われてしまいました。自分の子供も来ないのにおやじだけ来るなんて「好きだねぇ」って意味でしょうか。

 そのあとは男子女子かわりばんこに、いろんなメンバー構成で試合形式の練習を繰り返し行いました。審判も各チームの監督、コーチが順番にするのですが、面白かったのは審判をしている監督、コーチから自分のチームに対する指示、要求がバンバン飛ぶんです。「切り替え遅~い、走って!逆サイ・・、シュート!よし!」と言いながら走っている審判を始めて見ました。

 明日は強化リーグの1日目です。初めて戦うチームとの対戦も組まれています。どんな戦いを見せてくれるのか、おやじはとっても楽しみにしています。

  1. 2005/12/23(金) 21:02:58|
  2. ミニバス|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:6

クリスマス限定

 クリスマス限定テンプレートです。月曜日には戻しますので、安心してください。ここに来てくださるみなさまへ、おやじからのクリスマスプレゼントです・・ってか~。

  1. 2005/12/22(木) 18:06:29|
  2. ミニバス|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:3

ミニバス3連休

 タイトルの意味はミニバスが3日休みになるわけではなく、ミニバスだけのための3連休になりそう、と言う意味です。おやじは今日、月に1度の定期点検で病院に行かなければならなかったので、会社を休んじゃいました。だからおやじは4連休と言う事になります。

 悟空は今日、2学期の終業式で、午前中に帰ってきました。明日からは冬休み、25連休の始まりです。北海道の学校は夏休みが本州などに比べて短い分、冬休みが長くなります。まぁ冬休みと言っても、1月の全道大会に向けて休みはほとんどなくミニバス漬けの冬休みになるんですけどね。

 週末の3連休もミニバス三昧できそうです。まず明日、あさから出稽古に行って来ます。土日に行われる強化リーグの最終調整です。翌日に2試合やる予定なので、そんなに遅くまではやらないと思いますが、気合の入った調整になる事でしょう。おやじは選手たちを車に積んで一緒に行って来ます。

 土日の強化リーグは1月の全道大会に向けて、札幌地区の出場チーム同士で試合をして、調整具合の確認や、チーム強化を図ろうという札幌地区のミニバス連盟が主催する大会です。調整、強化が目的ですので、悟空チームも勝敗重視と言うよりは、全市大会以降に取り組んだことをいろいろ試すことになると思います。

 2日間の対戦相手は札幌地区の1位、3位、5位、6位チームという豪華な顔ぶれですので、相手に不足は全くありません。思う存分、チャレンジして欲しいと思います。

 悟空、自分たちの新しいチャレンジがどこまで通用するのか、他のチームがどれだけ進化しているのか、肌で感じてくるんだよ。きっと、いつかまた戦うことになるはずだから。

  1. 2005/12/22(木) 16:02:29|
  2. ミニバス|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:6

監督のリアクション

 悟空の試合の時に、ベンチで大喜びしている監督の姿を見るのがおやじは好きです。監督専用カメラを用意して試合中ず~っと監督だけを写しておいて、試合のビデオを編集する時に、試合の映像の下のほうに監督の小窓を重ねて、どんなプレーで監督がどんなリアクションをするのかがわかる、そんなDVDを作りたいとずっと思っていたくらいです。でも、うちにはビデオカメラが1台しかないので、絶対実現しないんですけどね。

 そんなことを思っていたら、悟空も監督のリアクションには注目していたみたいです。

おやじ 「最高のプレーの時は監督はどうするの?」
ごくう 「まずガッツポーズをして・・」
おやじ 「それで?」
ごくう 「ピョンピョン飛び跳ねながら拍手をするんだよ」
おやじ 「へぇ~、次にいいプレーの時は?」
ごくう 「ガッツポーズをして、うなづきながら拍手する」
おやじ 「その次は?」
ごくう 「ガッツポーズなしで、うなづき拍手かな」

 悟空の中では監督のリアクションがきっちりランク付けされているみたいです。試合中なのによくそんなにちゃんと見ていられるなぁ、と思ったら試合のDVDを見る時にそんなところも見ているらしいのです。監督のリアクションはこの他にも、うなづくだけとか、拍手だけとか、拍手2回だけとかいろいろあるみたいです。

おやじ 「じゃさぁ、しょぼいプレーが続いた時は?」
ごくう 「うでくんでベンチの1番はじにすわって動かなくなる」
おやじ 「怖いでしょ」
ごくう 「最悪だって、口きいてくんないからね」

 監督がそうならないようにちゃんとやんなきゃいけないよ、悟空。おやじは監督が大喜びしているのを見るのか好きなんだからね。悟空だって監督が大喜びしている方が嬉しいでしょ。

  1. 2005/12/19(月) 19:11:21|
  2. ミニバス|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

ここはいっぽん

 おやじは悟空の試合中はビデオを撮っています。ビデオのモニター越しに試合を見ていますので、実は細かいところまでは見えていないのです。ビデオを新しくしてからは液晶画面が小さくなってなおさらです。

 それでも全体的な流れは解りますし、ベンチや保護者席の雰囲気で悟空たちが頑張っているのか、ダメダメなのかも大体わかります。ベンチで監督が大喜びしていれば、良い展開をしていると解りますし、保護者席から「声出して!」と声がかかる時には、あまりうまくいっていない証拠です。

 おやじが一つひとつのプレーまで詳細に見るのは、試合のDVDを作るためにビデオを編集している時です。先日の全市大会の決勝戦を編集している時にある事に気がつきました。それは4Qの残り1分を切った時、悟空が明らかに外のシュートを一度打とうとしてやめて、見方へのパスを選択したのです。

おやじ 「なんで打たなかったの?」
ごくう 「ここはいっぽん
(確実に)だったんだよ」
おやじ 「えっ?」
ごくう 「3点差だったでしょ。だからあそこで確実に決めとけば
     最後の相手の攻撃をおさえて、逆転できたのさ」
おやじ 「へ~そこまで考えてたんだ」
ごくう 「だからより確実な攻めをしたのに、入んなかった」
おやじ 「・・・・」
ごくう 「だから負けたのさ」

 
 確かに悟空が言うように、あそこのシュートが決まっていれば1点差、残り30秒くらいだったので、逆転の可能性はゼロではなかったと思います。でも実際はシュートがはずれ、残り時間をいっぱいに使われ、最後はブザビまで決められて5点差の負けでした。

 これまでおやじは、悟空は試合中のすべてのプレーに全力を尽くす事で精一杯で、ゲームの流れにまで頭が回っていないと思っていました。それが、勝つためのシナリオをイメージしてプレーを選択しているとは少し驚きで、プレーの事に関しては、素人のおやじの出る幕はもう無いと感じました。

 悟空、ずいぶんといろんな事を考えられるようになったね。これからも監督の話をよ~く聞いて、体も頭もいっぱい使ってできる限りのことをやるんだよ。

  1. 2005/12/17(土) 13:00:46|
  2. ミニバス|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:14

バッシュが欲しいらしい

 悟空、最近新しいバッシュが欲しいらしいのです。今月の月バの広告を見ていろいろ物色しているみたいです。悟空がバッシュを欲しくなったのは、チームメートの1人が新しいバッシュを買ってもらう事になったからだと思います。その子は背が高いのでバッシュにかかる負担も大きいのでしょう、すぐボロボロになってしまうらしく春からもう3足目くらいだと思います。

 それに引き換え悟空は春に買ったバッシュがまだまだ使える状態で、ちょうど馴染んできたくらいです。

おやじ 「新しいバッシュ、欲しいの?」
ごくう 「欲しいけど、今のがまだまだはけるから・・」
おやじ 「次に買うやつは決めてあるの?」
ごくう 「はけるのが限られてるから、選べないのさ」
おやじ 「
(まだ23cmかよ)いつ買うの?」
ごくう 「まだ買わない。実は今の、まだ余裕あんだよね」
おやじ 「
(げっ、全然大きくなってないの?)大きいの?」
ごくう 「大きいわけじゃないけど、余裕があんのさ」
おやじ 「じゃ、足が大きくなってからだね」

 悟空、背の方は春から3cmくらい(たった3cmかよ)伸びたみたいですが、足の方は全く大きくなってないみたいです。さて、悟空ゲルなんちゃらというカッコいいバッシュを履けるのはいつになるのでしょうか。

 悟空の話は少しおいといて、おやじのブログで少し前から「好きなバッシュは?」というアンケートをやっていたのはご存知だったでしょうか。今日までに69人の方に回答をいただきました。結果はこうです。

1位 アシックス 35票(50.7%)
2位 ミズノ 16票(23.2%)
3位 ナイキ 11票(15.9%)
4位 リーボック 3票(4.3%)
5位 コンバース 2票(2.9%)
6位 日本教育シューズ 1票(1.4%)
6位 その他 1票(1.4%)

アシックスがダントツですね。やっぱりゲルなんちゃらの人気のおかげでしょうか。おやじが意外だったのは、ナイキがもう少し人気があるのでは、というところでした。みなさんはどんな感想ですか?

  1. 2005/12/14(水) 18:16:16|
  2. ミニバス|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:14

いい試合ほど短い?

 全市大会で撮った試合のビデオを編集してDVDを作っています。試合ごとのタイトルを入れたり、クォーターごとの得点表を入れるのがおやじの役目で、得点者の名前を入れたり、名場面を切り取ったりするのが悟空の役目です。一生懸命やれば1試合1日くらいでできるのですが、焼酎片手にウダウダやっているので、やっと2試合ができあがったところです。

 去年の秋ごろからビデオの編集を始めて、気がついたことがあります。それはいい試合ほど短いって事です。去年、悟空がジュニアだった頃の試合は1クォータ当り10分以上かかっていました。中には12分もかかったクォーターもありました。先代の6年の試合は1クォーター当り10分かからないのに、悟空たちの試合は何でこんなに長いんだろ、っておやじは思っていました。

 まぁ考えてみれば、ファールが多くなればフリースローも増えるでしょうし、ボールの掴み合いが多ければ時間がかかるのもわかります。オルタネイ・・(なんだっけ、まだちゃんと言えないや)ジャンプボールが無くなってからは試合時間が短くなったと聞きましたが、試合の流れでも試合時間がずいぶん違うものです。

 悟空たちの試合も先代の6年同様、秋の大会では10分を切るクォータがほとんどになってきました。でも、全市大会の決勝戦は飛びぬけて試合時間が短かったです。この試合は両チームともファールが極端に少なくって、クォーターを平均すると8分ちょいくらいで終わっています。悟空たちのチームファールが0だった4クォーターに至っては7分半で終わってしまいました。

 キビキビして引き締まったいい試合は短く感じる、というのをよく聞きますが、実は実際の試合時間も本当に短いことが多いんだとおやじは思います。

  1. 2005/12/12(月) 18:50:04|
  2. ミニバス|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:10

わかりやすいやつ

 年末までの悟空チームのスケジュールが発表になりました。24、25日に行われる札幌地区ミニ連主催による強化リーグに向けて、土日、祝日はすべて練習の予定が入っています。出稽古あり、合同練習ありでとっても中身の濃い練習になりそうです。その中ではきっと練習試合も組まれる事になるでしょうから、おやじも目が離せません。平日は月、水、金の練習でいつも通りの練習も行われます。

 当初、9、10日と23日は空いているはずだったのですが、発表されたスケジュールではしっかり練習の予定が入っていいました。これでおやじが何をして過ごせばいいか心配する週末は無くなったので、一安心です。

 平日の練習はさすがのおやじも仕事で見に行くことはできないのですが、練習日の夜に悟空と話をすると、練習の様子が大体わかります。

おやじ 「今日の練習はどうだった?」
ごくう 「ふつう」
おやじ 「元気ないねぇ、どっか痛くした?」
ごくう 「いや・・」
おやじ 「調子はいいの?」
ごくう 「・・・・・」

 おやじとの話もそこそこに自分の部屋に閉じこもってしまいます。こんな時は決まって、監督の要求に応えられず思うようにプレーができなかった時です。お母さんにそっと聞いてみると「だいぶ叱られたみたいだよ」と教えてくれます。お母さんが練習を見に行っていなくても、練習を見に行ったお母さんたちから、うちのお母さんにメールで情報が入るみたいです。一転してこんな時もあります。

おやじ 「今日の練習はどうだった?」
ごくう 「絶好調だって!」
おやじ 「ほう」
ごくう 「外のシュートもスッパスパだって」
おやじ 「ほんと?」
ごくう 「ほんとだって、ブロックも決めたしね」
    「おれみたいのにブロックされてるようじゃ、まだまだだね」
    「そしておれのパスが、これまたナイスパスなんだよね・・・」

 悟空の話はいつまでも続きます。いつまでたっても話が終わらないので、終いにはお母さんに「宿題しなさいよ~」って言われてしまう始末です。しぶしぶ自分の部屋に戻って宿題を始めますが、宿題が終わるとまたおやじのところにやって来て、いろいろな話をしながら全市大会のDVDの編集を一緒にやっています。

 悟空、きみって解り易過ぎじゃないかぁ?そんなんじゃ、アップの様子を見ただけで相手チームにその日の調子がバレちゃうぞ。少し気持ちをコントロールして、ポーカーフェイスも覚えた方がいいんじゃない?でもまぁ、おやじにはその必要はないっか。

  1. 2005/12/09(金) 19:55:59|
  2. ミニバス|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:6

「ミニバスあんてな」 リスト追加

 ミニバスブログの更新状況が一目で判る「ミニバスあんてな」にリストを追加しました。追加したのは・・

kazさんの「無茶」
たいささんの「ミニバス の~と 『ミニバス編』

の2つです。

 今回の追加により全部で22のミニバスブログのサイトが登録されたことになります。現在の「ミニバスあんてな」の表示設定が20に設定されていますので、2つのサイトが表示されなくなってしまいますが、リストから削除されているわけではありませんので、ブログが更新されると1番最初に表示されますので安心してください。

 「ミニバスあんてな」はMyblog JapanMyblogListというサービスを利用しているのですが、近々新しいサービスに移行されるそうです。「ミニバスあんてな」をご自分のブログで利用して頂いている方はスクリプトの変更等が必要になるようですので解り次第、お知らせします。

 今後とも「ミニバスあんてな」をご愛顧、よろしくお願いします。

  1. 2005/12/07(水) 17:49:42|
  2. ブログ・ブログパーツ|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:11

ジュニアチームデビュー

 スーパーリーグの翌日、ジュニアチームの初の公式戦、ポテトフェスティバルのCブロック大会がありました。本当は土曜日から行われていたのですが、悟空チームが去年、勝っているのでシードされていて、参加チームが少なかったこともあり、いきなり日曜日の準決勝からの参戦ということになりました。

 この大会は一昨年までは6年生の大会で、全市大会1回戦で敗退し全道大会に出場できなかったチームなどが集まって行われていました。去年からジュニアの大会に変わり各地区でブロック大会が行われ、その上位チームがフェスティバルに参加できるようです。

 去年は悟空たちのジュニアチームがCブロック大会を制して出場権を得たのですが、先代の6年が全道大会出場を決めていたので、ジュニアチームはフェスティバルへの出場を辞退して、トップチームの強化を優先させたということがありました。先代の6年チームには悟空、ザブをはじめ4人が登録されていましたので、しょうがなかったでしょう。

 さて、悟空チームのジュニアの試合はというと、残念ながら準決勝は勝つことができませんでした。対戦した相手チームは今年6年が少なく5年主体で戦ってきたチームで試合慣れしていました。このチームには三つ子くんがいて3人が同じ顔をしているのです。そしてこの3人の体格が非常に良くて、パワーでは完全に負けていました。それでも3決には勝利して第3位という結果で終わることができました。

 ジュニアの試合を見ていて、おやじは去年の今頃の悟空たちのジュニアチームを思い出しました。谷間の世代と呼ばれ、何をやっても6年の足元にも及ばないジュニアチームで、スピードは無い、ディフェンスはぬるい、パスは取れない、ボールを見てない、そんなチームでした。

 そんな悟空たちが変わり始めたのは、先代の6年が卒業して自分たちの代だ、と認識した頃からでしょうか。きっと今のジュニアたちも変わっていくんだろうなぁ、と思うとなんだかほほえましい気持ちで今のジュニアたちの試合を見ていました。

 もう新しい代がスタートしたチームもあるんだよ。きみ達はまだ何も教わってないけど、大会はすぐにやってくるよ。がんばれ~ジュニア

  1. 2005/12/06(火) 13:02:19|
  2. ミニバス|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:14

メインコート

 スーパーリーグの前座試合に行ってきました。「きたえーる」のメインコートでの試合は7月に続いて2回目だったので、悟空も今回は少し落ち着いてプレーができたみたいです。

 チームメイトの中には落ち着きすぎたのか、秋季大会が終わって気が緩んだのか、忘れ物をする選手がいました。ボールを忘れたユートはまだいい方で、ショータはユニホームを忘れてきてしまいました。会場についてユニホームを忘れた事に気が付き、ショータのお母さんが慌てて取りに戻り試合開始直前になんとか間に合い、事なきを得ました。

 2週連続のカズキチームとの対戦となったわけですが、1Qは4、5年メンバーのジュニアチームでスタートしました。ジュニアも7月に出場はしていたのですが、今回も緊張気味で十分実力を発揮できなかったような気がしました。それでも2点リードして1Qの途中でカズキチームの監督がタイムアウトと取り、相手もうちも通常の1Qメンバー総入替えです。1Qメンバーはほぼ実力を発揮しましたが、追いつかれて同点で2Qに入りました。

 2Qの前半はお互いの2Qメンバーの対戦です。ここで悟空チームが少しリードします。そして3分ちょいを残してベスト同士の対決になりました。ベスト同士は一進一退の展開でしたが、最後は2ゴール差をつけて勝利する事ができました。春から練習試合も含めて4試合目でやっと勝つことができました。悟空チームはやっと勝てたと思っていますが、カズキチームとしては試合のうちに数えられていないかもしれません。でも、勝ちは勝ちですよね。

 前座試合が終わり、いよいよメインエベントが始まりました。日本のトップリーグの試合はさすがに面白かったです。ダンクシュートあり、アリウープ気味のタップシュートあり、凄かったです。前回の「きたえーる」の女子の日本代表の試合に比べても、そのスピード感が違いました。さすがに男子のスピード、力強さは迫力がありました。

 会場の雰囲気も違いましたよ。トヨタのホームゲーム扱いと言う事もあったのでしょうか。トヨタチームに応援のおねいさんが4人来ていて、スティックバルーンって言うんですか、ストローでふくらませるビニールでできた棒状の応援グッズ、2つ叩き合わせると「ビョンビョン」って音のするやつを配っていて、子供たちが殺到していました。おやじは、そのおねいさんのヘソ出しミニスカスタイルが気になってしょうがありませんでした。

 悟空おやじいろんな意味で楽しめた1日でした。

  1. 2005/12/03(土) 21:38:50|
  2. ミニバス|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:8

JBLスーパーリーグ

 JBLスーパーリーグが3日、4日に札幌と恵庭で行われます。札幌会場は北海道立総合体育センター「きたえーる」でトヨタ自動車アルバルクVS日立サンロッカーズが対戦します。その前座試合のミニバスに悟空チームが出場することになりました。悟空チームが「きたえーる」で試合を行うのは7月に行われた日本代表VSギリシャ代表の前座試合以来2回目になります。

 今回の前座試合は秋季大会のブロック予選(札幌市内)で1位になった男女4チームづつ、計8チームで行われます。試合は6分2クォーターでいつもの試合の半分です。悟空チームの対戦相手はカズキチームになりました。これで先週の全市大会決勝に続いて2週連続でカズキチームと試合をすることになります。

 前座試合の規定ではいつもの通り最低10人を出場させることになっていましたが、うちの監督とカズキチームの監督が話し合って、登録している15人全員が出場できるようにするみたいです。「めったに無い事だし、せっかく来たんだから、出とけ」って事でしょうか。きっといい思い出になると思いますので、なるべくたくさんの選手が出場できるのは、おやじも良いと思います。

 「きたえーる」のメインアリーナはすごく大きくて、バスケットのコートが4面取れる広さなのですが、そこのメインコートで試合ができるなんて悟空たちは幸せ物です。前回はアリーナ席まである会場を試合の直前に見て、その雰囲気にすっかり舞い上がってしまいあっという間に終わってしまったようです。今回は少しは落ち着いて、試合を楽しめるくらいの余裕があるといいのですが・・・。

 前に1回やってるんだから、直前にビックリすることはないでしょ。落ち着いてしっかりやるんだよ、悟空。会場でキョロキョロしてたら監督にまた田舎ものって言われちゃうよ。

  1. 2005/12/02(金) 12:59:27|
  2. ミニバス|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:5
 ∥うちの悟空はポイントガード

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。