うちの悟空はポイントガード ~ミニバス奮戦記~
ミニバス少年団に所属する悟空(次男)に起こった出来事を紹介します。試合のこと、練習のこと、日常生活、いろいろ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

女子チームと練習試合

 今週末の練習試合の相手が女子チームである事が判明しました。対戦する女子チームは悟空チームと同じブロックの女子のベスト4常連チームです。この4チームはほぼ同じくらいの強さで、どこが勝っても不思議ではないと言われていて、春のブロックの上位2チームは全市大会も勝ち抜いて全道大会に出場しています。

 女子チームとの練習試合は春先に、春の大会で札幌地区2位になった女子チームと何度かやって、それ以来です。その時は、気持ちの弱い悟空チームに「女子になんか負けるか!」という強い気持ちを持たせることが狙いで、相手の女子チームにとっては、スピードのある男子チームとやることでスピードに慣れるのが目的でした。何度か練習試合をやって、双方ともにある程度の成果を得ることができました。

 これからの練習試合は女子チームとやることは無いだろうと、勝手に思い込んでいたおやじには、あれっ?と言う感じがありましたが、うちの監督のことですからきっと、おやじなんかには思いも付かない狙いがあってのことだと思います。男子チームの貫禄を見せてくれるのか、女子チームの組織プレーにやられちゃうのか、どんな展開になるか今から楽しみです。おやじはもちろん応援にいきます。

 
スポンサーサイト

  1. 2005/09/30(金) 20:14:28|
  2. ミニバス|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:9

キャプテンザブに物申せ

 ここのところ悟空が監督から要求されるのはプレー以外のことが多くなってきました。先週末の練習試合でも、「リズムが悪いだろ、オフェンスもディフェンスも。そんな時、流れを変えるのがお前の仕事だろ。それができないガードなんかいらん!」と監督に言われてしまいました。

 他にも「気持ちの入っていないやつがいたら、キャプテンザブと悟空が言わないとダメだ!」とか「もっと厳しく動きを要求しろ!」とか、タイムアウトをとっても監督は「しゃべれ」と言うだけで、悪い流れの修正を選手たちに任せます。そうすると作戦ボードを取り出してザブか悟空が話し始めることになります。

 そして悟空にはキャプテンザブがダメな時のお目付け役も任されています。監督曰く「ザブが悪いときに言えるのは悟空、お前だけだろ、言わないとダメだ!ザブ、ちゃんとやれって」。キャプテンザブはもともと波が激しくて、5年のころはやってみなけりゃ分らないくらいだったのですが、最近はだいぶコンスタントにプレーできるのですが、たまぁに気の入らないプレーをすることがあります。

 プレー以外でいろいろと要求されている悟空ですが、本当にできるようになるのでしょうか。まだまだ自分のプレーで精一杯で、周りが思うように動いてくれないだけで、メソメソし始める悟空に。監督がいろいろな面で悟空に期待してくれているのは判りますが、その期待に応えられるのか、おやじはとても心配になってしまいます。

 監督が言うことができるように、いろんなところに目を向けて、いろんなところに気を配って、いつもいろんなこと考えなきゃいけないよ。できる?悟空

  1. 2005/09/29(木) 18:09:11|
  2. ミニバス|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:7

シュート解禁

 ウィングスカップ以来、悟空にはアシストというテーマが課せられていて、自分で行けるところも行かず、打てるところも打たないで、ボール捌きに徹していました。それが先週末の練習試合2日目から悟空のシュートが解禁になったのです。

 監督から、ポストに入れた時に囲まれて振り向けなかったら悟空に戻して悟空がシュート、と言う指示が出ていました。この試合で悟空は長いのを何本か決めて少し納得の表情でした。

おやじ 「やっと打たせてもらったね」
ごくう 「久しぶりだったから、入らなかったらどうしようかと思ったよ」
おやじ 「決まったとき、安心したような顔してたよ」
ごくう 「そうだって、ドキドキだったんだから」
おやじ 「練習はちゃんしてたんでしょ?」
ごくう 「練習と試合はぜんぜん違うって

 おやじが思うに、悟空の外が決まると流れが良くなるような気がします。中で苦労してダメな時は悟空に戻せば決めてくれる、という安心感で中が思い切ったプレーができたり、相手には、こんなに苦労して守ったのに簡単に決めるなよ、という気持ちのショックを与えることもできると思います。

 でもそれはあくまで決まればの話であって、なかなか決まらないのです。この1本、決めれば大きいぞ、と言うところでは必ずはずします。おやじはそのたびに、決めとけよ~と心の中で叫んでいます。

 相手がここで決められたらイヤだな、と思っている時に仕事をするのが君の役目なんだよ、それができてこそ試合のリズムや流れを変えられるようになるんだから。悟空、それができたらガッツポーズしてもいいよ。

  1. 2005/09/28(水) 18:08:24|
  2. ミニバス|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:10

密かに喜んでいる事

 先週末、3チームと練習試合を行ったのですが、トップチームの試合の合間にジュニアの練習試合もありました。ジュニアの練習試合はトップチームの休憩時間的な意味合いもあって、4Qフルにできずに2Qで終わってしまったりしたこともあったのですが、おやじが喜んでいるのはジュニアが1つも負けていないということです。

 悟空のチームは6年が9人しかいないので、5年のケータはトップチームに参加しているのですが、ケータ抜きでジュニアは全勝しているのです。その中にはトップチームにも選手登録されている4年のタク、ジュンキもいて生きの良いプレーを見せてくれています。

 去年の今頃、悟空たちは監督から谷間の世代と言われ「全市、全道大会に行けるのも今年が最後だから」と言われていました。また、監督はふざけてこんな事も言っていました。「今年、強いのは選手たちの力だけど、もし5年(悟空たち)が強くなったら、それは俺の力だから」と。

 それに比べ、今年の5年は監督に「うちのジュニア、結構いいねぇ」と言わせるくらいのできの良さです。ジュニアチームのガードのケイスケは悟空のことをすごく意識しているらしく、バッシュもチーム内ではかなり少数派の悟空と同じミズノ製を履いていますし、悟空のプレーをすぐに真似します。悟空は最近、ドリブルからパスするときにボールを持ち替えずにワンハンドで出すプレーに凝っているのですが、ケイスケも練習試合で早速、真似していました。

 ミニバスを見に行くのも悟空の代の今年で終わりかと思っていましたが、今のジュニアがトップチームになる来年もかなり面白いかも、応援に行こうかなぁ、と考えているおやじです。

  1. 2005/09/27(火) 15:15:03|
  2. ミニバス|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:10

練習試合

 金曜日はクボタ杯女子の応援、土、日は悟空たちの練習試合と、この3連休もまた、ミニバス三昧で過ごしてしまいました。

 土曜日は9:30に出発して相手の学校に着いたのが10:00ころで、それからアップをして早速、練習試合が始まりました。それからジュニアの練習試合、お昼休みを挟んで15:00まで延々と練習試合が続きました。

 さすがにそれだけ同じ相手とやっていると、こちらの攻撃パターンもバレバレで、ポストにボールが入ると3人が抑えに飛んできて自由にやらせてはもらえません。最後の方はだいぶてこづっているように見えました。

 今日は少し早くって、8:00過ぎに出発しました。今日は相手の学校の近所のチームも来てくれて、3チームでの練習試合でした。会場となった学校のチームはいつも練習試合をやっているので、特徴も手の内もよく解っているのですが、来てくれたチームとは初対戦でどんなチームなのか全く知りませんでした。

 1試合目はいつも練習試合をしているチームと来てくれたチームとの対戦です。初めて見るチームだったので悟空たちもTOをしながら観察しているようでした。おやじが見たところでは、ボールに対する執着心が強く、キビキビとしていて良く走るという印象でした。感心したのはベンチでゲームを見ている控えの選手たちでした。みんなゲームに集中していて、一緒に戦っているかのように真剣に見ていました。

 2試合目に悟空チームと来てくれたチームが対戦しました。おやじは、初対戦の相手は最初が肝心なので、後々うちにイヤな印象を持つようにガツンとやっておけばいいのに、と思っていました。そうしたらその気持ちが伝わったのか、気持ちの入ったプレーでガンガン攻めていきます。守ってもゾーンプレスが機能して迫力のあるディフェンスを展開します。最後は来てくれたチームが戦意喪失ぎみになって、大差で勝利しました。

 その勢いで次の試合も良い内容で試合を進めていきました。結局、今日は2試合と半分をおこなって帰ってきたのですが、おやじが見る限りここ数週間で1番の出来の良さではなかったかと思います。初対戦の相手がいい刺激になったのかもしれませんが、これからはそんな刺激が無くてもコンスタントに良いパフォーマンス発揮していかなければいけないと、おやじは思います。今はまだ出来不出来、気持ちの波が大きいです。

 ねぇ悟空、試合はもちろん練習試合でも気持ちをコントロールして、高い意識でやらないといけないよ。まして君とザブはチームメートの気持ちにまで心配りすることを要求されているのだから。

  1. 2005/09/25(日) 19:28:57|
  2. ミニバス|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

クボタ杯女子

 先週の男子に続いて今週は女子のクボタ杯です。うちの女子チームは6年3人、5年0人、4年2人と人手不足なので3年も1、2Qでは立派な戦力です。それに加え1、2年もちゃんとユニフォームを着てベンチに控えています。

 1試合目の対戦相手は夏の全道大会出場チームでしたので、実力差はいかんともしがたく、大差で負けてしまいました。それでも1回戦の負け負けチームが対戦する2試合目は負けはしましたが、がんばりましたよ。試合終了間際にオールコートで当り、相手のパスをカットして立て続けに得点し、あと2ゴールというところまで追いつきました。

 今は厳しい試合が続いている女子チームですが、今から試合に出ている3年が主力になる頃には、良いチームになるのではないかとおやじは期待しています。お揃いのユニフォームを着てハーフタイムやタイムアウトの時に一生懸命タオルで仰いであげている1、2年の可愛さなら、どこのチームにも負けないんだけどなぁ。

  1. 2005/09/23(金) 17:54:20|
  2. ミニバス|
  3. トラックバック:2|
  4. コメント:10

ユニフォーム(ナンバー)はだれが決める

 ミニバスあるはるさんの「教えてミニバス」にのっかって悟空チームのお話をします。

 悟空チームではユニフォーム(ナンバー)は監督が決めます。5年生までは結構適当で、新人戦、新人選抜のときまでは4、5番以外はあいうえお順でした。

1 ユニフォーム(ナンバー)は、固定制ですか 変動制ですか
6年になってからは固定性です。たぶん秋の大会もこのまま行くと思われます。

2 ユニフォーム(ナンバー)は、4番はキャプテン 5番は副キャプテンですか
そうです。4番がキャプテンザブで5番が副キャプテン悟空です。

3 それ以外のナンバーには、なにか法則があるようですか
それ以外のナンバーは学年順、バスケをはじめた順になっているようです。18番だけ例外ですがだいたいそんな順番です。

以前、悟空がチームをちゃんとひっぱっていけなかったときに監督が「4番、5番の仕事をしてない!」と言って「背番号変えるぞ!」って怒ったことがありました。まだまだちゃんとできている訳では有りませんが、悟空はかろうじてまだ、5番を背負っています。

  1. 2005/09/21(水) 13:05:53|
  2. ミニバス|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

練習試合ラッシュ

 ウィングスカップから取り組み始めたゾーンプレスですが、適当な相手がいなくてあまり練習できていないようです。控え組みや5年相手ではプレスを突破することができず、練習相手にならないそうです。先日は中1が練習に来てくれたそうですが、それはそれで問題があって・・・

おやじ 「ゾーンプレス練習できないんだって?」
ごくう 「あんまりやってない」
おやじ 「こないだ、中1来てくれたでしょ」
ごくう 「中1は早すぎて、プレスで止められないんだ」
おやじ 「手加減してくれないの?」
ごくう 「本気は出してないんだけど、止められない」
おやじ 「なんでわかる?」
ごくう 「顔が余裕って顔してるも」
おやじ 「それでも止められないのかよ」

 2週連続で大会があって、練習相手に苦労していましたが、来週からはほとんど毎週、練習試合になるようです。10月に入ると学習発表会の準備で体育館が使えなくなる事情もあって、練習試合ラッシュは10月いっぱい続くことになるようです。

 今、解っている予定では夏の全道大会に出場している札幌地区以外の学校も来てくれるようで、対戦が今から楽しみです。そして最大のライバル、4月の練習試合でボコボコにされて、札幌地区決勝大会の準決勝でもやられて、悟空チームが対戦したチームの内で勝っていない唯一のチーム、カズキチームとの対戦も予定されています。悟空たちがどれくらいできるのか、できるようになったのかを計るには1番の相手です。

 来週からの練習試合ラッシュをいい形で乗り切って、最高の状態で秋の大会に臨めるようにがんばってほしいところです。

  1. 2005/09/20(火) 20:00:54|
  2. ミニバス|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:4

2週連続2連覇!

 昨日、踵に痛みが出て病院に行ってきた悟空ですが、今朝起きたときには痛みも収まっていたようです。大丈夫?と声をかけると、バッシュ履いてみないと解らないと言ってアップに出かけていきました。

 試合会場でもう一度、大丈夫か確認した時には多少痛みはあるものの、何とか行けそうとのことでした。第1試合はいつものメンバー構成で試合を進めました。4Q後半からは控え組みを出場させる余裕を見せて1勝しました。

 第2試合に勝てば大会全勝で文句なしの優勝が決まります。第2試合は結果的に少しイヤミな展開になってしまいました。第1試合が終了した時点で監督は「かわいい女子が待ってるから・・」と言って、来週に同じくクボタ杯をひかえる女子チームの練習に行ってしまい、第2試合の采配はコーチが取ることになりました。第2試合開始前に、コーチは「ベストは出さないから」と言っていて、昨日の第2試合と同様に、4、5年メンバーと控え組みメンバーで試合を乗り切るつもりでいたようです。

 ところが、予選リーグを勝ち抜いてきたチームだけあって、昨日とは様子が違いました。1Qからずっと4~6点のビハインドで試合が進んでいきました。そして3Q終了時点でも5点差をつけられて負けていました。コーチもこのままではマズイと思ったのでしょう。ベストの投入を決めたようです。

 もし監督が居たら、相手の力量を的確に判断してベストの中の何人かを投入して、建て直しをはかったところだと思いますが、コーチはベストをそっくりそのまま出しました。あとで悟空に聞いた話によると、その時のコーチの指示は「20点差にしてきて」だったそうです。

 4Qが始まって出てきた悟空たちベストの顔はみんな、試合に出られて嬉しくてしょうがないという顔をしていました。負けていて逆転しなければならないというプレッシャーなど微塵も感じていない様子でした。4Qは悟空たちが圧倒的に攻めまくり、4分ほどで15点差にして、4、5年メンバーにバトンタッチしました。結局、試合にも勝利して全勝でクボタ杯2連覇達成を果たしました。

 この大会、悟空チームには新たなディフェンスのオプションとして、あるテーマが課せられていたそうです。そのテーマにもある程度の手ごたえを感じ取ることができたのではないかと、おやじは思います。ここでおやじがしゃべりすぎるとマズイので、それは秋の大会まで秘密です。

  1. 2005/09/18(日) 20:46:29|
  2. ミニバス|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:6

成長軟骨

 クボタ杯の1日目が終了しました。悟空は第1試合の4Qの途中から踵が痛みだしたそうです。それでも最後まで出場して試合は危なげなく勝ったのですが、試合後コーチがちょっと心配なので病院で診てもらってきて、と言うので第2試合終了後に病院によって、みんなより一足先に帰ってきました。

 病院で診てもらったところ大事ではなく、成長軟骨に衝撃が加わって炎症をおこして痛むそうで、2、3日休めば痛みもなくなるとの事でした。成長軟骨???

おやじ 「悟空、成長軟骨あるんだって」
ごくう 「なにそれ」
おやじ 「わかんないけど、成長軟骨があるってことは・・」
ごくう 「
(ゴクッ)
おやじ 「これから成長するって事じゃないか」
ごくう 「よっしゃ~

訳の解らない会話ですが、悟空は真剣にガッツポーズをしていました。踵の痛みは成長痛の一種なのでしょうか。もしそうだとしたら田舎狂師さんウンコすわりストレッチを真剣にさせる必要があります。

 大会の第2試合はベストが出場する機会もなく、控え組み中心で圧勝し無事、決勝リーグに進出することになりました。病院での診察結果を監督に報告したところ「でも、明日は無理させないから」とのことだったので、悟空の出番は有るかどうかわかりませんが、おやじは明日も応援に行ってきます。

  1. 2005/09/17(土) 17:52:00|
  2. ミニバス|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

クボタ杯

 先週のウィングスカップに続き、今週はクボタ杯です。2週連続での大会となりますが、今週の大会は悟空の小学校と近所の小学校で行われるので、おやじは楽チンです。

 クボタ杯という大会はクボタスポーツというスポーツ用品販売会社がスポンサーの大会で、札幌市の西区、中央区のチームが主に参加します。参加チームは9チームで、3チームづつに分かれて予選リーグを行い、各リーグの1位チームで決勝リーグが行われ優勝が決まります。1日目の予選リーグで敗退したチームも2日目に交歓試合が組まれていて、最低でも3試合は戦えます。

 先代の6年はこの大会も勝っていますので、悟空たちは2週連続で2連覇のかかった大会を戦うことになります。先代の6年は1試合落としての優勝だったので、悟空たちは全勝での優勝を目指しているようです。

 先週の大会の最終戦でチームには「クォーター10点取る」ノルマが課せられていたらしいのですが、先週は結局、達成することができませんでしたので、うちの監督のことですから、今週は全試合「クォーター10点取る」ノルマをかけてくるような気がします。

 先週の大会でどんな試合でも全力を尽くすことを学習した(はずの?)悟空たちですから、先週のような醜いことにはならないと思いますが、ちゃんと学習したことを証明する試合内容を見せてほしいものです。

  1. 2005/09/16(金) 21:49:42|
  2. ミニバス|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:6

共有テンプレートをプラグイン対応にする方法

 FC2ブログの新機能としてプラグインが利用できるようになりました。でも、すぐに利用できるのは公式テンプレートだけで、共有テンプレートではプラグイン対応のものが少なく、利用を諦めていた人も多いのではないでしょうか。私もそんな1人でした。

 しかし、せっかくの新機能を利用できないのは悔しいので、共有テンプレートのプラグイン対応に挑戦してみました。最初はよく解りませんでしたが、解ってしまえばそんなに難しいことではありませんでした。私がやった方法を紹介します。

 おまけをクリックしてください。 おまけ...

  1. 2005/09/16(金) 13:48:33|
  2. ミニバス|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

1番危ないところ

 先週の大会で悟空チームでは1-2-1-1のゾーンプレスを試しました。夏の全道大会でもちょこっとやったのですが、その時はぶっつけ本番だったので、ちゃんと練習して試合で試したのは今回が初めてと言うことになります。

 完成度はいまいちで、ドフリーの相手を作ったり、ロングパスで1、2線を越えられるともろいところを見せたりで、まだまだですが、ゾーンプレスをやったことで通常のマンツーマンディフェンスにも良いところが出てきました。

 マンツーマンディフェンスでパスカットから速攻をかけられた時に、ボールの前を走るここにボールが入ったらやばいぞ、という1番危ないところに真っ先に走っていくのがキャプテンザブです。ザブは危機察知能力が高く、自分のマッチアップの相手なんか関係なく1番危ないところにすっ飛んでいくのです。ほかはと言えば、自分のマッチアップの相手といっしょに戻ってくるだけです。

 今まで1番危ないところを感じてすっ飛んでいくのはザブだけだったので、逆サイドにもう1人走られると、お手上げ状態でした。それがゾーンプレスの練習を始めてから、1番危ないところを察知できるメンバーが悟空を含め2、3人に増えたのです。

 先週の試合でも速攻をかけられた時に、1番近い選手が1番危ないところを抑えに行き、次に危ないところに次の選手が行く、次から次と危ないところを抑え、シュートされる前にボールをカットできるようになっていました。大きな進歩です。

 ディフェンスのオプションを増やすことでそれぞれのディフェンスが相乗効果で良くなる事もあるのですね。これからはゾーンプレスの完成度を上げていくことになると思いますが、目標は全市2位の女子チームのゾーンプレスでしょうか。先週の試合では春よりさらにパターンが増えていて、場面場面で使い分けていました。オールコートの1-2-1-1、コートの2/3位から当たり始める1-3-1、ハーフコートの1-2-2、2-2-1。いつ見ても華麗なディフェンスです。

 悟空たちもあれくらいできるようになったらいいなぁ

  1. 2005/09/15(木) 18:34:18|
  2. ミニバス|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:8

くるま椅子でだいじょぶか

 くるま椅子利用者である悟空のおやじが、くるま椅子で行った先のバリアフリー度をチェックします。いざとなれば立てちゃう、なんちゃって障がい者の悟空のおやじのレポートですので、あてにならないかも知れませんが、参考になればうれしいです。

芦別市なまこ山総合運動公園体育館

・くるま椅子駐車スペース  一般の駐車場とは別に入り口のすぐ横に
                 2、3台分のスペース有り 
・駐車場から入り口まで  段差、障害物無し 近くて楽
・入り口  段差全く無し
・室内  室内には段差もなく、通路、ドアの幅も十分
・くるま椅子トイレ  男女のトイレにそれぞれ1箇所ずつくるま椅子、
             多目的トイレがある
・エレベーター  有り(1機)

総合運動公園と言うことで、広大なスペースに野球場、サッカー場、陸上競技場、パークゴルフ場などがあり、大会当日も野球、サッカーの試合が行われていました。宿泊施設もあるそうで、全日本女子のバレーボール、バスケットボールの合宿が行われたことがあるようです。写真やサイン入りのボールやユニフォームが飾ってありました。

体育館は2階建てで、バスケットコートが2面取れるメインアリーナとサブアリーナがありました。サブアリーナにはフリークライミングの設備があって、ちょっとビックリ、始めて見ました。2階はランニングコースになっていて、ウェイトトレーニングの機械がおいてありました。

施設としては新しく、バリアフリーを考慮した造りになっていて、全く不自由を感じることはありませんでした。エレベーターで2階に上がることもできました。そこで良いなぁと感じたことがありました。それはランニングコースのフェンスが上から下まですべて透明だったことです。それもガラスのように澄んでいて視界の妨げに一切ならないのです。

通常のフェンスって、立っている人にはもたれかかるのにちょうどいい高さでしょうが、くるま椅子の人にとってはちょうど目の高さぐらいで、見えそうで見えない邪魔くさいものなのです。それがここではきれいな透明で、2階から試合を観戦していても全く邪魔になりませんでした。

気になったのは喫煙所でしょうか。場所が決められて、煙を吸い込む機械が2台置いてあるのですが、低いパーティションで仕切られているだけでした。やはり喫煙所は床から天井まできっちり仕切られているべきだと思いました。最近は館内全面禁煙という施設もある中で、吸わせてくれるのは大変ありがたいのですが(おやじはタバコを吸います)、どうせなら気兼ねせずに吸える環境だったらいいと思いました。

もうひとつはくるま椅子駐車場。カラーコーンでふさぐのはやめてください。よけるのに手間がかかるのです。普通の人にはなんでもないことですが、おやじがやるには、1度くるま椅子を降ろして、くるま椅子に乗ってコーンをよけに行って、コーンをよけて、車に戻って、車に乗って、くるま椅子を積んで、駐車して、またくるま椅子を降ろして、くるま椅子に乗って、体育館に行かなければならないのです。

●結果  施設としてはこれまで行った公共の体育館の中でも3本の指に入るくらい、不便を感じることの無い体育館でした。あとは人間の問題です。せっかく人に優しい施設なのですから、管理する人に少し気遣いがあれば完璧です。

  1. 2005/09/15(木) 14:21:49|
  2. くるま椅子|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

キャプテンザブ

 ミニバスあるはるさんのトラックバックテーマ、キャプテンはだれが決めるに乗っかって、悟空チームのことをお話します。

 悟空チームではキャプテンは監督が決めます。求められる資質は、チームのみんなが納得できる技量と、みんなを引っ張っていけるリーダーシップでしょうか。

 監督がキャプテンザブを選んだ理由を親たちにこう話してくれました。春の新人選抜大会のCブロックの選手選考会で、監督の代わりに指揮を執っていたコーチがタイムアウトをとった時に、コーチより早くキャプテンザブがメンバーに指示を出し始めたそうです。コーチは「今は俺が話す番だから」と言ってザブの話を後回しにして指示を出したらしいのですが、監督はキャプテンザブのチーム全体を考える気持ち、チームを引っ張ろうとするリーダーシップを認めてザブをキャプテンにしたのだそうです。

 監督、コーチたちはキャプテン、副キャプテンのプレー、働きを認めながら試合ではさらなる要求をすることになります。ゲームの流れを読み、チームをまとめ、引っ張っていくことです。キャプテンザブ、悟空ともにまだまだ力不足ですが、自分たちのプレー以外での役割をほんの少し自覚し始めたような気もします。さらに成長していってもらいたいものです。

  1. 2005/09/13(火) 22:02:20|
  2. ミニバス|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:5

今大会のテーマ

 今大会の試合の場面場面でおやじは不思議に感じていた事がありました。それは悟空のシュートが少ないことです。リズム的に打つタイミングで打たない、明らかに行けるところを行かない、シュートを打つためのポジション取りをしない、おやじは少しイライラして見ていました。去年、先代の6年と試合に出ている時に、ちじこまってシュート打てない病なったことがありましたが、それが再発したのかと思うほどでした。

 あとでコーチに話を聞いたのですが、今大会では悟空アシストと言うテーマが課せられていたそうです。それで、自分で行けるところも見方を探してボールさばきに徹していたようです。

おやじ 「アシストがテーマだったんだって?」
ごくう 「そうだよ」
おやじ 「うまくできたの?」
ごくう 「ぜんぜんダメ!だって回りがちゃんとやってくれないんだも
     アシストがテーマだからおれはシュートしないって、
     みんなしってんだよ、ならふつう、おれがボール出したら
     シュート打ってくれるでしょ、それなのにおれに戻すんだよ
     それにパスもらいに動いてくれるでしょ、ふつう
おやじ 「みんなにとってはふつうじゃないんだろさ」
ごくう 「ふつう考えればすぐわかるって」
おやじ 「おやじに言ったってしょうがないでしょ
     試合中、みんなにちゃんと言ったの?」
ごくう 「言っても聞かないし・・」

チーム全体のごたごたもあって、個人のテーマに十分取り組めなかった事情はありましたが、監督は悟空に与えたテーマを忘れてはいませんでした。2日目第1試合の1Qで40点も取っちゃったので2Qは控えメンバーが出場したのですが、3Qで悟空のテーマが試されました。3Q終了後、悟空は上手くいかず泣きそうになっていました。監督は容赦なく「悟空、もう1回」と静かに言って4Qにも悟空を出場させました。4Qは悟空の指示出しの声も少し大きくなり、タイミングの良いパスが通るようになり、2分を過ぎたあたりでようやく合格点をもらえて、悟空はお役ごめんとやりました。

 悟空のアシストのテーマとは、アシストをできるようにしっかりと指示を出したり、ボールをもらう動きを強く要求したり、回りをきっちり生かせるための悟空の役割、行動を身に付けさせるための要求だったのではないかとおやじは思いました。

 悟空、きみがふつうと思っている事がみんなのふつうではないんだよ。きみが声に出してしっかり指示出して、してほしい動きを強く要求しないと、きみが思っているふつうの動きをしてくれないよ。そうする事がきみの役割なのだから。

  1. 2005/09/13(火) 16:22:27|
  2. ミニバス|
  3. トラックバック:2|
  4. コメント:2

ウィングスカップ2日目

 昨日のふがいない試合で夜のミーティングでは監督からがっちりヤキが入ると思っていたおやじでしたが、お母さんの話ではちょっと違ったようでした。宿舎に戻るとすぐにコーチから6年だけでミーティングを行うように言われ、昨日の試合について話し合ったようです。コーチに言われて、ってとこがまだぬるくって、本当なら自分たちで考えてやらなければいけなかったんでしょうが・・。

 夜のミーティングで監督は6年が話し合った内容を聞いて、もう一度チームの目標を確認し、そしてその目標に向かって今、何をしなければいけないのかを考えろ、と問題の解決を悟空たち選手に託しました。最後にどう変わるか、明日見てるから、と言ってミーティングは終わったそうです。

 そして今日の第一試合、試合前から気持ちの持ち方が違っていました。メンバー不足で十分な戦力が整っていない相手ではありましたが、手を抜かず全力で戦い1Qだけで40点も取ってしまいました。やればできるじゃないかぁ。

 優勝決定戦では相変わらず指示らしい指示を出さない監督の横で悟空が作戦ボードを取り出して何か話し始めました。そこにキャプテンザブの指示も入り、選手たちだけで動きの確認をしているようでした。その様子を見て、審判をしていた他の学校の指導者の先生たちがやってきて、どんな話をしているのかを興味深げに覗きこんでいました。

 悟空たちはなんとか自分たちの力でチームを建て直し、本来のプレーで無事、ウィングスカップ2連覇を達成することができました。

 ジュニアもがんばりました。今日の試合にも勝利して3戦全勝で大会を終えました。ジュニアは表彰の対象になっていませんが、悟空の話ではこの大会、ジュニアは3連覇だそうです。ジュニアの活躍を1番驚きの目で見ていたのは、なんと監督とコーチたちでした。うちの5年もやればできるんだぁ、あいつあんなことできたっけ、手をたたきながら大喜びで見ていました。

 5年のいない3年が主力の女子ジュニアは残念ながら勝てませんでしたが、6年女子が参加した連合チームは試合を重ねるたびに息が合ってきて、最後の試合で1勝することができました。1年から6年までそれぞれの立場でよい経験、よい思い出になったことと思います。みんなたくさんお土産(課題)もって帰ってきたことでしょう。

 悟空、2日間ご苦労様でした。1週間後はすぐにまた大会だから、今日はゆっくり休んで、明日からまたがんばれよ。

  1. 2005/09/11(日) 23:59:00|
  2. ミニバス|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:8

ウィングスカップ1日目

 ウィングスカップの1日目が終了して帰ってきました。悟空とお母さんは2泊3日ですが、おやじは片道1時間40分の通いです。明日も行きます。

 1日目、男子はトップチーム、ジュニア共に2連勝でした。ジュニアはがんばりましたねぇ。2試合目、1Qを終わって12点離されました。でも3Qでベストになってからジワジワ追い上げ、残り40秒で1点差にまで追いつきました。そして残り20秒で逆転のシュートを決めて勝ったのです。いや~ドキドキしました。

 これはジュニアチームの一人ひとりにとってすごくいい経験になったと思います。これまで割と諦めがちなところがあったジュニアチームが、諦めないでがんばれば良い結果に繋がると言うことを勝利と言う形で体験できたのですから。

 それに引き換え悟空たちは最悪でした。1試合目こそ30点程差をつけて勝利しましたが、2試合目はなんとも気の入らないヌルっとした試合の入り方をしてしまって、ミスを連発してしまいました。2Qの途中から監督が、悟空たちが1番恐れる状態になってしまいました。それを察知した悟空たちはプレーが萎縮してしまい、ゴール下の何でもないシュートですら外してしまう始末です。

 今大会出場の男子チームは春の札幌地区決勝大会に出場したチームが1チームあるだけで、実力的には悟空チームが少し抜けていたかもしれません。そんなことも有って悟空の心の中に、本人も気が付いていないかもしれませんが、「これくらいのチームなら、これくらいの点差で勝てばいいでしょ」(注:決しておやじは対戦相手を見下している訳ではありません)という気持ちが有ったのではないかと思います。

 今頃は、夜のミーティングで監督からがっちりヤキが入って、いろいろな事を考えながら寝付いた頃だと思います。明日、悟空たちがどう変わっているか、確かめてきます。明日も早いので、おやじはもう寝ます。

  1. 2005/09/10(土) 22:43:23|
  2. ミニバス|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

ウィングスカップ

 明日からウィングスカップが2日間、芦別で行われます。ウィングスカップというのはローカル大会で、うちの監督が仲良くしている指導者さんたちのチームが集まって行っています。ローカル大会とはいえその歴史は古く十数年にわたって開催さています。

 参加チームは男子4チーム、女子8チームで行われます。参加チームからはトップチームとジュニアチーム(4、5年生)のそれぞれ2チームが参加して、トップリーグ戦とジュニアリーグ戦を戦うことになります。今年は特別に3年生以下のミニミニ大会も数試合予定されていて、これまた期待できます。

 ジュニアリーグ戦があるので、この大会で対外試合初出場という選手がたくさんいます。悟空も4年の時にこの大会で対外試合デビューを果たしました。今年は3年のデビュー戦もありますので、どんなプレーを見せてくれるか大変楽しみです。

 うちの女子チームは6年が2人しか居ないので、同じく6年の人数が少ない1チームと、逆に6年が多すぎて普段試合に出られない6年がたくさん居る1チームと3チームで合同チームを作って女子のトップリーグ戦に出場することになりました。普段は男子チームの中で対等にやりながら、試合では4、5年の、時には3年までの面倒を見ながら試合をしなければならず、実力を発揮しきれなかったうちの6年女子です。合同チームでは自分の実力をすべて発揮して、のびのびと楽しくプレーしてくれることでしょう。

 男子トップリーグ戦は先代の6年が去年優勝していますので、悟空たちには2連覇がかかっています。秋の新人戦3連覇、春のブロック大会2連覇と先代の6年が優勝した大会を悟空たちは勝ってきていますので、この大会の2連覇も逃すわけにはいきません。ここで大変になるのがトップチームで試合に出ている5年です。トップチームで1Qやって次のジュニアの試合で3Q出ずっぱりということも珍しくありません。去年、悟空とキャプテンザブがそうだったのですが、今年の5年にもがんばってもらいたいものです。

 さぁ悟空、いよいよだね。全道大会で負けなかったからって油断してちゃダメだよ。気を引き締めて、がんばって来い!

  1. 2005/09/09(金) 12:54:03|
  2. ミニバス|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

MBBアンテナ リスト追加

 ミニバスブログの更新状況が一目で判る「ミニバスブログアンテナ」にリストを追加しました。追加したのは・・

kokoroさんの「ミニバスな日々」
koganiさんの「小ガニ達のあゆみ」
ぶぶ♪さんの「ぶぶ′S  ルーム」

の3つです。

 これからミニバスブログアンテナのリスト管理はおやじのところで行うことになりました。そこでミニバスブログアンテナへの掲載希望者を大募集します。悟空のおやじに連絡をしてください。連絡方法はおやじのブログのコメントでも、SECOND BLOGの掲示板、フォームメール、何でも結構です。厳正な審査の上(笑)、ミニバスブログアンテナに掲載させて頂きます。

 また、これまで同様におやじが勝手にミニバスブログアンテナに掲載することもあると思います。そちらの方もご了承願います。

 今後とも「ミニバスブログアンテナ」をご愛顧のほどよろしくお願いします。

  1. 2005/09/08(木) 11:12:55|
  2. ブログ・ブログパーツ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

監督の特別ルール

 悟空チームの5対5には監督の特別ルールが適用されます。5対5の途中でプレーを止めて、その場面場面での指導をするのはどこのチームでもやっているでしょうが、その他にも監督のホイッスルがなることがあります。

 悟空がドリブルをしながらパスの相手を探していました。ところがパスのもらい手の動きが少なく、なかなかパスの出しどころが見つかりません。悟空のドリブルが少し長くなると、ピッ!、監督のホイッスルが鳴ります。

リズムが悪い!白ボール」相手ボールのスローインになります。

 パスカットからドリブルで持ち込んでレイアップシュートをしました。ディフェンスが1人すぐ後ろからついていましたが、シュートは決まりました。その時、逆サイドには見方が走っていてほぼフリーの状態でした。監督がシュートを決めた5年に聞きました。「逆サイドで見方がフリーだったの見えてた?」5年は「見ていませんでした」と答えました。すると監督は、ピッ!とホイッスルを鳴らして

ノーカウント!サイドラインからスローイン」最善の選択ではなかったシュートは得点を取り消されてしまいました。

 悟空チームのオフェンスの時です。そとでパスを回すばかりでなかなかシュートに持ち込めません。ディフェンスが中をしっかり固めています。ピッ!監督のホイッスルが鳴りました。

時間かかりすぎ!」30秒まではまだだいぶ時間が残っていたのですが、監督の特別ルールでは認められませんでした。

 とまぁこんな具合です。監督は理想の試合運び、攻撃、守備をイメージしながら審判をしているのでしょうか。まだポストに入っていないのに、入った!と声をかける場面も何度かありました。その瞬間にはゴール下に必ずスペースがあるのです。監督の声でそのスペースを上手く使った攻撃ができるのは、まだまだ少ないです。

 チームのみんなが監督の理想のイメージを頭の中に描きながらプレーしないとダメなんじゃないかなぁ。みんなばらばらなことを考えていたら、すぐホイッスル鳴らされちゃうよ。同じイメージを描くんだよ、判る?悟空

  1. 2005/09/06(火) 12:03:33|
  2. ミニバス|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:7

復活を信じて・・

  美木多ミニバスケットボールクラブのコーチSさんの楽天広場にあったホームページ、日記が削除されてしまったそうです。楽天で何か手違いがあったのでしょうか。削除されたページは他にもあるのでしょうか。いくら無料のサービスとはいえ、ちょっと無責任すぎますね。

 現在、楽天に問い合わせ中とのことですので、コーチSさんの美木多ミニバスケットボールクラブのホームページの復活を信じて、おやじのブログのリンク、ミニバスブログアンテナのエントリーはしばらくそのままにしておくことにします。

もとに戻るといいですね。

  1. 2005/09/04(日) 16:03:03|
  2. ミニバス|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

おれって天才

 悟空は最近調子がいいらしく、バスケが楽しくてしょうがない様子です。悟空の悩みの種だった2Qメンバーも入れ替えが合って、うちの秘密兵器ことコーヘイが2Qにやってきて、悟空曰く「史上最強の2Q」になったそうです。調子がいいのはいいですが、調子に乗りすぎて昨日はこんなことを言い出しました。

ごくう 「おれってすごいさ」
おやじ 「なにが?」
ごくう 「敵がシュート打った瞬間にどこにこぼれるか判るんだよ」
おやじ 「んで?」
ごくう 「今日もシュート打った瞬間にあそこにこぼれるって判ったのさ
    あそこなら絶対ショータが取れると思ったから、ボール見ない
    で走り出したんだよね、そしたらやっぱりショータがリバウンド
    とってパス1本でドフリー速攻完成さ」
おやじ 「レイアップ、はずさなかった?全速力の時、
    よくはずすでしょ」
ごくう 「最近それもちゃんと決めるんだって、おれって天才かも」


これは先を読んだナイスプレーと言えるんでしょうか。後先考えない無謀なプレイなのでしょうか。その時の詳しい状況が分かりませんし、バスケ素人のおやじには判断できませんが、いろんなこと考えながらプレーしているところは良いような気もします。でも、本当はもう少し安全な方法をとるのが正解だとおやじは思います。

たまたまうまくいったからいいけど、相手にオフェンスリバウンド取られたらどうすんだよ。こっちのディフェンスが1枚足りなくなっちゃうじゃないか。悟空、たまたまのプレーで調子こいてちゃダメなんだよ。

  1. 2005/09/01(木) 14:57:21|
  2. ミニバス|
  3. トラックバック:3|
  4. コメント:8
 ∥うちの悟空はポイントガード

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。