うちの悟空はポイントガード ~ミニバス奮戦記~
ミニバス少年団に所属する悟空(次男)に起こった出来事を紹介します。試合のこと、練習のこと、日常生活、いろいろ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

おやじが監督

 小猿と一緒に先日の大会のDVDを見ていました。小猿は大会のDVDを何度も何度も見ていて、全部暗記してんじゃないの、というくらいよく覚えてます。

 それも、バスケットの試合展開とは全く関係ない、ここでユートのお母さんが小さい声でバカ!って言うよ、とかこの時の相手チームの応援の団扇がそろって、きれいだよ、とかそんなところまで見ています。

 試合を見ながらおやじが小猿のプレーやチームメイトのプレーにいろいろ注文をつけて、また解説者おやじ、やっちゃったんです。そしたら小猿が・・・


こざる「じゃ、おとさん監督やってみてよ」
おやじ「それはできないよ、やったこと無いし・・」
こざる「いいから、いいから」
DVD「ピーッ、タイムアウト白です」
こざる「さぁタイムアウトだよ、おとさんならなんて指示出す?」
おやじ「・・まぁまぁうまくいってたんじゃないかなぁ、ん~・・」
こざる「こっちがタイムアウト取ったんだよ、言うことあるでしょ」
おやじ「・・ん~・・」
こざる「こん時、ショータが怒られたんだよ」
おやじ「ショータ、良かったでしょ、シュート決めてたし」
こざる「もっと厳しく狙っていけって。それから・・・」

小猿、試合の時のタイムアウトで監督が出した指示まで全部覚えてるんですか、きみは。見直した。監督の話を真剣にきいているんですね、偉いぞ。それにしてもおやじには監督は絶対無理です、はい。

スポンサーサイト

  1. 2005/05/31(火) 18:01:37|
  2. ミニバス|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:6

小猿、ご満悦

 小猿が新しいバッシュを手に入れました。MIZUNOのウェブホープAPを買ったのですが、ほんとうはウェーブダッシュFFが欲しくって、取り寄せをお願いしていました。ところが、メーカーにも在庫が無く、次回いつ生産されるかわからないとのことで、諦めてウェブホープAPにしたのです。

 小猿は足のサイズが23cmなので履けるバッシュに制限があります。24cm以上からしかないバッシュのモデルが多くって、23cmサイズのあるモデルは少ないのです。早く大きくなってゲルなんとかを履きたいらしいのですが、いつになることやら・・・。

 早速練習で履きは始めました。特に痛いところとかは無いようですが、今まで履いていたバッシュのほうがシックリくるらしく、今度の練習試合では古いほうのバッシュを履くと言ってました。

 やっぱり慣らし運転の期間がある程度必要なのでしょうね。どれくらいの期間が必要なのでしょう。また、特別な慣らしの方法って有るのでしょうか。おやじはミニ四駆のブレークインの方法なら知っているけど、バッシュのブレークインについてはさっぱりです。

 小猿、今度、中一が来たら聞いてみたらは?

  1. 2005/05/30(月) 15:48:37|
  2. ミニバス|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:9

運動会

運動会
今日、運動会でした。

 札幌では運動会は春に行われます。北海道はたいていそうじゃないのかなぁ。今日は今年一番の暖かさで、直射日光が当たると熱いくらいでした。

 お昼休み、お弁当を食べ終わらないうちに友達が小猿を迎えにやってきます。交代でいろんな子がやってくるのですが、どれも見慣れた顔のミニバスメンバーばっかりです。

小猿、きみたちはいつもいっしょかい。

  1. 2005/05/28(土) 21:57:01|
  2. ミニバス|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

ボールを持ってない人の動き

 親善交流大会までのテーマは「早い攻撃」だったようで、攻守の切替を早くして少ない手数でゴールまで行く、というのがチームの約束事でした。相手ボールを奪った瞬間に監督から「GO!」と掛け声がかかります。すると全員が攻撃態勢に入ります。この時、怠けて走らないと監督に大目玉を食らうことになります。小猿はいったん開いて中継をします。そしてパスを出したらすぐに小猿もゴールに向かいます。親善交流大会ではこの攻撃がうまく決まっていました。

 最近のテーマは「ボールを持ってない人の動き」らしいです。ディフェンスがボールに気をとられて目を離した一瞬の隙をついてスペースに動いてパスをもらう、ということ練習でやっているそうです。

 でも、考えてみたら「ボールを持ってない時の動き」を教えるのって難しいだろうなぁ、と思いました。ボールを持っているときならドリブルとかフェイクとかテクニック的なこと教えられるけど、ボールを持ってない時って、位置も状況も同じということはあり得なくって、こうきたらこうするっていう決め事では解決できないですからねぇ。


おやじ「小猿、監督の言ってること解る?」
こざる「解るけど、できる時とできない時がある」
おやじ「頭使って、考えながらやらないとダメなんじゃない?」
こざる「そんな暇ないよ!
おやじ「でも・・」
こざる「体がかってに動くようにしか動けないも」


そうですか。小猿はやっぱり本能のままにしか動けないのですね。もう少し頭も使おうね、小猿

  1. 2005/05/27(金) 13:39:39|
  2. ミニバス|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:3

表示がへん!

 わたしは普段、Firefox を使っているので気が付かなかったんですが、今日たまたまIEで見てみたら、プロフィールとかの右側のブロックの表示がおかしいことに気が付きました。

 今までずっとへんでした?

 直すのに手間取ってしまって、今日のお昼頃に来て頂いた方には間抜けなページを見せることになってしまいました。これに懲りずにまたお越しください、ってもう来てくれないかな?

 テンプレートをいじっているうちに壊しちゃったのかと思いましたが、そうではなさそうでした。良く解りませんが、今はちゃんと表示されているもようです。(推定)

  1. 2005/05/26(木) 14:38:28|
  2. ブログ・ブログパーツ|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:2

くるま椅子の上履き

 実はわたし、くるま椅子をつかってるんです。って今さら改まって言うことも無いですね、プロフィールにも書いてありますし、写真も載ってますから。

 事故で脊髄損傷とかではなく、神経に異常があって脳の指令が下半身に届かないらしいのです。30歳過ぎくらいからだんだん壊れてきて、4年ほどまえからくるま椅子を利用しています。神経が完全に切れているわけではないので、微妙に動かすことはできますし、支えてもらえれば立てたりもします。

 試合や練習でいろいろな体育館に行くときもくるま椅子で行きます。体育館って意外とくるま椅子にやさしくないんですよね。入り口が階段だったり、エレベーターが無かったり・・・。

 でも、うちのチームでは監督をはじめ、父さん母さんたちが気を使ってくれてあまり不便を感じていません。時にはくるま椅子ごと持ち上げて2階まで連れて行ってくれることもあります。選手たちも何気に私のことを心配してくれているようです。感謝感謝。

 ひとつ不便があるとすると、外から建物の中に入る時です。みんなは外靴から上履きに履き替えますよね。でも、くるま椅子はタイヤを履きかえることが出来ません。やろうとすれば出来るのですが、室内専用タイヤを用意するのも、持っていくのも大変です。いつもは雑巾を持参して、入り口でタイヤを拭いてきれいしてから中に入るようにしています。

 何か良い方法はないかとネットで探していたら、こんなのを見つけました。
タイヤカバー

車いす用・タイヤカバーというもので、くるま椅子のタイヤにスッポリかぶせてしまうみたいです。これは良いかもしれません。これがあれば、前のキャスターをチョコチョコっときれいにするだけですみます。

どんな材質で出来ているのか、簡単にかぶせられるのか、少し心配はありますが、手に入れて一度試してみようと思います。結果は後で報告することにします。

  1. 2005/05/26(木) 10:13:35|
  2. くるま椅子|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:8

身長詐称疑惑

 先日、小猿がもらってきた春季大会のプログラムを見ていました。試合日程、組み合わせのほかに出場チームの監督、コーチ、マネージャ、選手の名前が書いてあるチーム紹介が載っていました。選手は名前のほかに学年、身長が書いてあります。

 どれどれうちのチームは?、と見てみると背番号もちゃんと決まって(今までは4、5番以外はあいうえお順でした)、登録された選手の名簿が載っていました。お~、4年のジュンキとタクも登録されたんだぁ。コーヘイがやっぱり6番かぁ、ユートは12番。しょうがないな、始めたばっかりだからな。ユート、164cmか、でかいなぁ。小猿、146cm、えっ?


おやじ「小猿、いつから146cmになったの?」
こざる「まだ、なってない」
おやじ「ほんとは何cm?」
こざる「143cm」
おやじ「ほんと?」
こざる「142cm
おやじ「ダメじゃん、うそ書いたら」
こざる「コーチが勝手に書くの!去年もみんな少しづつ大きかったも」


小猿、4cmもサバよんでんじゃん。小猿に聞いてみると、6年生で小さい子ほどサバ幅が大きいようです。1番大きいユートはそのまんまだそうです。これから大きくなることを期待してサバよんでくれたのか、146cmぶんの活躍ができるからなのか・・・。

うちのお母さんが歳をサバよむのとはちょっと事情が違うようですが、他のチームでもよくあることなのかなぁ???

  1. 2005/05/24(火) 15:14:25|
  2. ミニバス|
  3. トラックバック:2|
  4. コメント:7

悟空の頭の中

 悟空のバッシュを買いにいってきました。ニューフレにいってきたのですが、家からお店まで車で20分くらいかかります。

 悟空の足のサイズは23cmなので、そんな小さなサイズを在庫しているお店はほとんど無く、今回も取り寄せをお願いして帰ってきました。ウェーブホープAPにするか、ウェーブダッシュFFにするか最後まで悩んでいたようですが、結局ウェーブダッシュFFを注文してきました。

 とりあえず取り寄せてもらえることになったので安心したのか、帰りの車で悟空はウトウトし始めました。札幌もようやく暖かくなってきたので、気持ちよさそうに寝ています。悟空がウトウトし始めて5分くらいたった時でしょうか。突然ビクッと痙攣して車のシートからずり落ちそうな勢いで目を覚ました。


おやじ「どうしたの?」
ごくう「バスケの夢見てた」
おやじ「どんな?」
ごくう「すごくおっきいやつとマッチアップしてて、やつが
     シュートに来たから思いっきりジャンプしたら・・」
ごくう「目が覚めた
おやじ「・・・・」


悟空、ほんの一瞬寝てみる夢までミニバスですか。きみの頭の中ってミニバスのことしかないの?ほかにもいろいろ考えなきゃならないことがあるでしょう。

  1. 2005/05/23(月) 10:43:38|
  2. ミニバス|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

春季大会 日程決まる

 小猿が春季大会のプログラムを持って帰ってきました。日程、対戦相手が決まったようです。小猿はすでにCブロック予選は勝った気になって、全市大会の対戦相手を見ていました。

 札幌地区(札幌市と近隣の市町村が含まれます)の全道大会への出場枠は8チームで、全市大会の1回戦を突破すると全道大会への出場権が得られるのです。1回戦で敗退したチームは夏の全道大会と同時期に行われるポテト大会に回ることになります。


おやじ「全市の1回戦、どことなの?」
こざる「Aブロックの3位」
おやじ「え~Aブロック?選抜でいっしょだった?」
こざる「たぶんヒッタンのとこか、ユースケのとこだよ」


 新人選抜大会で一緒にチームを組んだAブロックのチームといきなり直接対決ですか。新人選抜大会ではAブロックの選手の活躍があったからこそ2位になれたようなもんだし、4月の練習試合でボロボロにされたカズキんとこもAブロックだし、3月に代々木行ったのもAブロック、Aブロックはどのチームが来てもきっと強いです。


おやじ「強いんじゃないの?」
こざる「たぶん、大丈夫だって」


 小猿、きみのその自信ってどっからくるの?先週の大会みたいにはいかないよ、絶対。全道大会連れて行ってくれるって言ってたけど、今年はきっとポテトだな。

  1. 2005/05/19(木) 17:37:13|
  2. ミニバス|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

100点ゲーム

 先日の親善大会で小猿たちのチームは4戦全勝で大満足ではあったのですが、おやじはちょっと複雑な気持ちになりました。

 100点ゲームといっても点の取り合いで、100対80とかだとおもしろい試合で、それで勝てれば大喜びなのですが、今回相手チームの得点は1桁。見ているうちにだんだん気の毒になってきました。相手チームの選手たち、ショック大きいだろうな、って。

 うちのチームの監督もそういうのはあまり好きではないらしく、いつもの主力メンバーが出たのは1、2クォーターだけで小猿の出番は1クォーターだけでした。3、4クォーターは4、5年主体のチームだったのですが、この結果でした。

 次の試合も力の差があるのが解っていたのか、今度は1クォーターからいつものメンバーではありません。1クォーターから4クォーターの途中まで、普段はフォワードやセンターをやっている6年をガードにして、残りの4人は4、5年というメンバーでいきました。4クォーター残り2分の時点でそれまで試合に出ていた5人全員交代でほぼベストのメンバーを出場させました。小猿の出番は2分だけです。

 うちのチームの選手にとっては普段と違うポジションをやることで、良い経験になるのでしょうが、これもどうなんでしょう。結果的には前の試合ほど点数は取れませんでしたが、真面目に試合をやってないようで、相手チームに失礼にはならないのでしょうか。

 おやじは監督でもコーチでもないので、口を挟むことではないのですが、こんな時どうするのがいいのか、複雑な気持ちになってしまいました。選手たちに手加減しろ、とは口が裂けても言えないですし・・・。


おやじ「小猿はベストでないチームと試合するのと、
     ベストにこてんぱんにやられるのと、どっちがいい?」
こざる「ベストとやったほうがいい。諦めつくし。」
おやじ「100対0でも?」
こざる「うちはそんなこと無いって。」


もしうちがそんなことになったら、小心者の小猿たちはきっと、立ち直れないだろうなぁ。

  1. 2005/05/18(水) 18:04:40|
  2. ミニバス|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:2

恐縮しています

 試合のビデオは編集して毎回DVDにして小猿がいつでも見られるようにしているのですが、新人選抜大会の時は記念にということで、チーム全員にコピーして送っていました。

 今回の親善大会で西・手稲区の選抜大会のチームメイトに大会後、初めて会うことになりました。小猿たちは久しぶりということもあって、初めは照れくさそうにしてしていましたが、徐々に慣れてきて、いろいろ話をしたそうです。

 驚いたのは、選抜メンバーのお父さん、お母さんたちがわざわざ私の所まで来て、丁寧にDVDのお礼を言ってくれたことです。ビデオの編集といったって、対戦相手のタイトルを入れて、得点と得点者の名前を入れただけのバリバリの素人編集で、売っているものとは比べようも無い代物です。売っているものよりいいところは、完全に自分のチームびいきになっているくらいです。

 それなのに、「すばらしかったです。」とか「感激しました。」とか言われて、おやじはすっかり舞い上がってしまいました。終いにはお菓子やビールまで頂いちゃって、すっかり恐縮してしまいました。

 小猿、おやじのことを他のチームではくるま椅子のDVDおやじって呼んでいるぞ、きっと。

  1. 2005/05/16(月) 18:28:47|
  2. ミニバス|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:6

親善大会終了

 西・手稲区の親善大会が終わりました。昨日に続いて今日も2試合とも勝つことが出来て、4戦全勝で終了しました。どの試合も余裕をもった展開で、うちのチームって強いんじゃない?と勘違いするような結果でした。

 それにしても他のチームはどうしちゃったのでしょう。去年、小猿たちが手も足も出なかった先代の6年チームとほぼ互角だったチームでさえ今年はゆるゆるのチームになっちゃっていました。うちの小猿たちだけが急激に成長したとはとっても思えないのですが・・・。

 たまたま今年、仕上がりが遅いのか、それともうちの女子チームのようにメンバー不足が深刻になっているか、チームの事情はわかりませんが、もうちょっと、お互いの刺激になれるような関係になれれば良いのに、と思いました。

 ねぇ、小猿、これで自分たちが強い、なんて勘違いしちゃダメだよ。4月の練習試合でボロボロにやられたの忘れてないでしょうねぇ。小猿たちの実力はあの程度なんだからね。

  1. 2005/05/15(日) 23:01:20|
  2. ミニバス|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

親善大会 1日目終了

 親善大会の第1日目が終了しました。結果は速報でお伝えしたとおり2試合とも勝つことが出来ました。内容も良かったと思います。

 高い位置(バスケットでもこういうのかなぁ、サッカーではこう言うんだけど・・)から厳しいディフェンスで、次のパスのカットを常に狙っていて、2試合目はフロントコートにボールを運ばせない勢いでした。

 小猿もいつになく外のシュートがスッパスパ決まって、本人も気持ちよさそうにプレーしていました。シュートがよく決まると、ディフェンスも良くなるようです。気分屋なのかな、小猿は。

 明日もこの調子でガンバッテ小猿おまけ...

  1. 2005/05/14(土) 19:36:20|
  2. ミニバス|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

親善大会 速報2

2試合目は100点ゲームの爆勝でした。小猿の出番は1Qのみでした。
詳しくは帰ってから報告します。


  1. 2005/05/14(土) 13:15:01|
  2. ミニバス|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

親善大会 速報1

 今、西・手稲区親善大会の第1試合が終了しました。72対12で大勝です。小猿も調子がいいようです。

  1. 2005/05/14(土) 10:38:04|
  2. ミニバス|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ミニバスのブログ

 ブログを始めて1ヶ月ちょっと経ちました。これまでにコメントを頂いた大好きバスケさんのブログはよく見させてもらっていたのですが、他にもミニバスをテーマにしたブログってあるのか人気blogランキングで検索してみました。

 小さなバスの話も多いですが、ミニバスをテーマにしたブログって結構あるんですね。楽天のブログが多いのは気のせいでしょうか。楽天には「ミニバスあれこれ」というテーマがあって、ミニバスのお話がたくさんありました。ついつい読んでしまいました。

 ミニバスの監督やコーチをしている人のブログはとってもためになるのでLINKに追加しておくことにしました。それから、ここ(FC2)にも「ミニバス」というテーマを作ってみました。多くの人が見つけてくれて、ミニバスのお話がいっぱいになれば、うれしいのですが・・・。

  1. 2005/05/12(木) 17:13:46|
  2. ミニバス|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

親善大会始まる

 西区・手稲区の親善大会が始まりました。先週は女子チームの試合でした。女子の大会は10チームが参加して5チームづつに分かれてリーグ戦を行いました。土曜、日曜2試合づつで4試合やりました。

 成績は1勝3敗でしたが、内容は想像以上のできでした。実はうちの女子チームは選手不足でして、6年生が3人で5年生が居なくって、4年生が2人しか居ないのです。だから、試合の時には2年、3年のチビッコ軍団も総出演です。

 親たちも女子チームの試合は男子のトップチームの試合の時とは全く違う見方をしているようです。うちの嫁さんなんかは「女子チームの試合の応援のほうが力はいるよね、肩こっちゃう。」というように、みんな「がんばれ!」という気持ちのようです。おやじは1人ひとりの懸命なプレーに思わず涙が出そうになっちゃいます。(いかんいかん、年をとると涙腺が弱くなって・・・)

 来週はいよいよ小猿たちが出場します。西区・手稲区の中ではそれなりの結果を出してくれるとは思いますが、結果より内容を問われると思いますので、がんばって欲しいものです。

おやじ「来週は勝てるの?」
こざる「楽勝さ~」
おやじ「そんなこと言って、油断し・・」
こざる「わかってるって
おやじ「(ビクッ)・・・」
こざる「それはいろんな人に、何十回も言われてますぅ」
おやじ「耳にタコですか?」
こざる「なにそれ?」

 そうですか、知りませんか。「耳に胼胝ができる」というのは「同じ事を幾度も繰り返し聞かされて、うんざりするさま」という意味で・・・

 まっ、それはどうでもいいから、試合、がんばってくれ!

  1. 2005/05/11(水) 14:40:16|
  2. ミニバス|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ミニバス全国大会

 GWに嫁さんの実家のある旭川へ行ってきました。旭川へは年に何度か行くので、特に目新しいものも無く嫁さんの実家でウダウダしていました。あまりにも退屈だったので、小猿と一緒に本屋さんに行ってみました。

 小猿が真っ先に向かったのはスポーツ雑誌のコーナーです。もちろん目当てはバスケットの本で、NBAから順番に立ち読みしています。ふと月刊バスケットをみると、ミニバスの全国大会の記事が出ていました。北海道代表の清南の選手も紹介されていました。

 清南の成績は3チームで行う予選リーグ1勝1敗で、決勝トーナメント進出はならなかったようですが、記事によるとなかなかいい試合をしていたようです。最後は高さにやられたって。えっ、高さ?あんなにデカイ16番くんがいたのに?さすがに全国大会ともなると、上には上がいるんですね。

 清南とは去年、2回対戦しているんですよね。1度目が秋の全市大会の準決勝で、2度目が全道大会に向けた札幌市の強化リーグでした。2回やって1度も勝てなかったのですが、うちのチームと戦ったチームが月バに載っているなんて、なんか不思議な気がしました。全国大会なんて夢のまた夢と思っていましたが、ちゃんと道は繋がっていて、チャンスはゼロではないということなんですね。

おやじ「今年はどこまで行けそうなの?」
こざる「全道は行くよ。釧路だって。」
おやじ「代々木に連れてってよ。」
こざる「それは無理。(キッパリ)」

 無理ですか。じゃ全道大会は絶対だよ、頼んだよ小猿

  1. 2005/05/10(火) 13:43:55|
  2. ミニバス|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

女子チームと練習試合

 またまた練習試合に行ってきました。今度の相手は市内のとある小学校の女子チームです。ここの女子チームとこれまでも何度か一緒に練習をしています。女子チームと言ってもここの女子チームはなかなかの実力で、先日の選抜新人大会でも数名の選手が選ばれています。

 女子チームのコーチは、さらに1ランクアップするためにスピードのあるチームと練習したかったそうです。うちのチームは強い気持ちが足りない(前回の練習試合で証明済み)ので「女子になんか負けるか!」という強い気持ちを持たせることが狙いだったようです。

 それにしても目的を果たすために最適なチームと練習試合ができるのは、うちの監督の人脈、人徳のおかげだと感謝しないわけにはいきません。本当に良い指導者に恵まれて、うちの選手はとても幸せ者です。感謝しろよ小猿

 一緒に練習を始めた頃、小猿は相手チームのガードの女の子にいいようにやられていたそうです。でも今回の練習試合では完璧に抑えたね。それどころかカットも成功させて、ワンマン速攻も決めていたし・・・。ってことは小猿も少しづつでも進化してるってことですか?小猿にとって進化は大切だぞ!がんばれ!!

  1. 2005/05/06(金) 17:12:26|
  2. ミニバス|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:2
 ∥うちの悟空はポイントガード

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。